CADデータのPDQチェック(ISO:10303-59)

CADデータのPDQチェック(ISO:10303-59)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータのPDQチェック(ISO:10303-59)

CADデータのPDQチェック(ISO:10303-59)について

ISO 10303-59は、製品データの品質検証に関する国際標準規格であり、製品データの一貫性、完全性、および正確性を保証するための基準を提供します。この規格は、製品データの交換と長期保存においてデータの品質を確保することを目的としています。

ISO 10303-59の主な機能には、データの一貫性の確保があります。これにより、CADモデルの幾何学的形状や構造に関する正確な検証が行われ、異なるCADシステム間でデータを交換する際に一貫した品質を維持できます。また、エラーの検出と修正も重要な機能の一つです。CADデータのトレランスや不正要素を検出し、自動的に修正するプロセスを提供することで、設計段階でのミスや製造段階での不良品を減少させることができます。

さらに、ISO 10303-59は国際標準に基づく品質保証を行います。これにより、企業は国際市場での競争力を強化し、グローバルなビジネス展開に対応できるようになります。また、製品データの長期保存と再利用が容易になり、設計から製造、保守に至るまでの全プロセスで高品質なデータを維持することが可能です。製品データの品質を保証することで、製造業や設計業界における効率性と信頼性を向上させることが期待されます。

2024年03月

◆ 目的

- 一括品質チェックで設計ミスを早期に発見し修正するため

- 品質管理の自動化で効率を高め、手作業のエラーを減らすため

- 高品質な製品を維持し、顧客満足度を向上させるため

2024年04月

◆ 特徴

- 複数のCADファイルを一括で品質チェックし、エラーを迅速に特定するのが特徴

- 自動化された検査プロセスにより、人為的ミスを最小限に抑えるのが特徴

- 詳細なレポート生成で、不具合の追跡と修正を容易にするのが特徴

2024年01月