3DAモデルのプリミティブ情報保障

3DAモデルのプリミティブ情報保障

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3DAモデルのプリミティブ情報保障

3DAモデルのプリミティブ情報保障について

3DAモデルのプリミティブ情報保護は、製品設計の基本となる幾何学的形状情報を正確に保持し、製造工程全体にわたってその一貫性と完全性を維持するための取り組みです。これらのプリミティブ情報には、平面、円柱、円錐、球などの基本形状が含まれ、設計者が意図した形状や寸法を正確に表現し、製造過程においても一貫した品質を保つために不可欠です。

プリミティブ情報の保護には、品質検証プロセスやデータ管理の技術が重要な役割を果たします。まず、ISO 10303-59に基づく品質検証プロセスが、プリミティブ情報の正確性と完全性を保証する基準と手法を提供します。この規格は、CADデータの幾何学的形状が正確であり、指定されたトレランス内に収まっていることを確認し、設計段階から製造段階までの全プロセスにおいて高品質なデータの維持を可能にします。

幾何学的正確性の検証では、プリミティブ形状が正確に定義され、指定されたトレランス内で一貫しているかどうかを確認します。これには、形状の平滑さや曲率、エッジの位置などの検査が含まれます。データの一貫性の確認では、CADデータ全体が一貫しており、異なる部分間での不整合や矛盾がないかをチェックします。これにより、設計変更や修正がデータ全体に適切に反映されていることを確認します。

エラーの検出と修正も重要なステップです。これには、データの変換や異なるシステム間での互換性の確認が含まれます。例えば、3D Evolutionのような高度なツールは、バイナリ解析技術を駆使してBrepデータの精度を高め、トレランスに依存しない正確な形状表現を実現します。これにより、複雑な曲面の作成や詳細な干渉チェックが可能となり、設計者は設計ミスを早期に発見・修正することができます。

このように、3DAモデルのプリミティブ情報保護は、製品設計の初期段階から製造、品質管理、保守に至るまで、全プロセスでデータの正確性と完全性を維持するために不可欠な取り組みです。これにより、製品の信頼性が向上し、設計変更や改良の迅速な対応が可能となり、製品の市場投入までの時間を短縮することができます。

3DAモデルのプリミティブ情報保障

2024年03月

◆ 目的

ー 設計の基本要素を確実に守り、全体の品質を向上させるため

ー 開発工程での再利用性を高め、効率的な作業を実現するため

ー 製品の一貫性と信頼性を確保し、トラブルを未然に防ぐため

2023年9月