3DAモデルの成功例

3DAモデルの成功例

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3DAモデルの成功例

3DAモデルの成功例について

近年の製造業界では、製品設計と生産の効率化および質の向上を目指して、3Dアノテーション(3DA)モデルの使用が増えています。航空宇宙産業のエアバスと自動車産業のダイムラーは、この分野で先駆けとなっており、それぞれ異なる手法を採用しています。

エアバスでは、製品の形状、製造情報、PMI(Product Manufacturing Information)を統合できるCATIA V5ソフトウェアを使用しています。このソフトウェアにより、設計データと製造情報を一体化し、ISO標準のSTEP AP242形式で出力することで、データの長期保存と他システムとの互換性を保証しています。これにより、エアバスは設計から製造、保守に至るまでの全プロセスで統一された情報を活用し、高度な製品品質と効率性を実現しています。

一方、ダイムラーはJT(Jupiter Toolkit)フォーマットとSolid Edgeソフトウェアを利用しています。JTフォーマットは軽量でありながら詳細な3Dデータを提供するため、設計情報と生産技術の要件を効率的に追加できます。これにより、製品のサイズや形状の正確性が保たれ、品質や安全性が向上します。また、Solid Edgeソフトウェアは直感的な操作性を持ち、設計者が迅速かつ正確にデータを操作できるため、設計と製造のプロセスがスムーズに進行します。

エアバスとダイムラーのアプローチは、3DAモデルの活用が製造業の効率化と品質向上に如何に寄与するかを示しています。エアバスのようにISO標準のフォーマットを使用することでデータの互換性と長期保存を実現する方法もあれば、ダイムラーのように軽量で使いやすいフォーマットを採用して設計と製造の迅速化を図る方法もあります。いずれの場合も、3DAモデルの導入は、設計意図の正確な伝達と製造プロセスの最適化を促進し、製品の信頼性と市場競争力を高めることに繋がります。

3DAモデルの成功例

2024年03月

◆ 航空宇宙団体(LOTAR)の例

エアバス社は、航空機製造業界のリーダーとして3D設計技術の革新に注力しています。これまでは主にCATIA V5という3D設計ツールを使用し、製品情報を3Dモデルに組み込み、国際標準フォーマットであるSTEP AP242に変換して長期保存する方法を採用していました。2016年9月から、このプロセスがさらに改善され、中間フォーマットを経由せずに直接STEP AP242にデータを保存する方法へと移行しました。

この新しい方法は、ISO基準に基づく製品データ同等性の検証も含まれており、データの正確性と55年以上の保存を可能にしています。エアバスは、データの正確性と効率性を高めるために、ダブルカーネルチェックという手法を導入しています。これにより、設計データの正確性が保証され、効率性が向上します。

エアバスのこれらの取り組みは、製造業における効率性と品質の向上に大きく貢献しています。中間フォーマットを排除することでデータ処理の時間と手間が削減され、エラーの発生も抑えられます。さらに、ISO基準に準拠したデータ同等性の検証によって、国際的なデータ互換性が確保され、エアバス内外の関係者との円滑な情報共有が可能になります。

このような取り組みは、エアバスだけでなく、製造業全体に対しても大きな影響を与えています。他の企業もエアバスの成功事例を参考にし、同様の技術と手法を導入することで、自社の効率性と品質を向上させることが期待されています。エアバスのリーダーシップは、製造業界のデジタルトランスフォーメーションを推進し、業界全体の革新を促進する役割を果たしています。

A350

2024年03月

◆ ドイツ自動車工業会(VDA)の例

自動車産業における設計技術の進化は、特にダイムラー社の取り組みを通じて業界全体の革新を牽引しています。ダイムラー社は、先進的な3次元CADツールとしてNXを採用し、汎用的な3DAモデルであるJTフォーマットと組み合わせることで、設計から製造までのプロセスを劇的に短縮しています。このアプローチにより、ダイムラー社は電気自動車や完全自動運転車などの新プロジェクトに迅速に対応できるようになりました。

この戦略は、製造業界全体の効率性と品質向上に大きく貢献しています。NXとJTフォーマットの組み合わせは、設計情報の精度と一貫性を保ちながら、設計プロセスのスピードアップを可能にします。具体的には、設計データの正確な共有とリアルタイムのコラボレーションが実現され、製品開発のサイクルタイムが短縮されます。これにより、新技術の迅速な開発と市場投入が可能となり、ダイムラー社は競争力を一層強化しています。

また、ダイムラー社の取り組みは、自動車産業全体に対しても波及効果をもたらしています。他の自動車メーカーやサプライヤーも、ダイムラー社の成功事例を参考にし、同様の技術と手法を導入することで、効率性と品質の向上を図っています。これにより、業界全体の競争力が強化され、市場での成功を支援する重要な動きが加速しています。

ダイムラー社のNXとJTフォーマットを活用した戦略は、自動車産業におけるデジタルトランスフォーメーションの一環として、設計技術の進化を促進しています。この取り組みは、製造プロセス全体の最適化を実現し、企業がより迅速かつ高品質な製品を市場に提供するための基盤を築いています。ダイムラー社の革新的なアプローチは、自動車産業の未来を形作る重要な要素となっています。

ダイムラーS500

2024年03月

◆ エアバス社とダイムラー社の違い

Brep ASM 10303-59 10303-62 メッシュ 保存期間
エアバス STEP AP242  AP242
XML
1 55年
ダイムラー JT AP242
XML 
3 25年

ダイムラー社は、3Dアーカイブモデル化の取り組みで航空宇宙団体LOTARの運用基準を遵守し、国際標準化機構ISOの基準1303-62に準拠しています。このプロセスにおいて、ダイムラーはJTフォーマットを主データ形式として採用し、CADデータの比較検証を行っています。JTフォーマットは軽量化データの管理においてSTEP AP242よりも柔軟性があり、複数のトレランスレベルでメッシュデータを管理できるため、設計、シミュレーション、工場レイアウトのためのデータ利用が可能です。

ダイムラーは、情報記録とデータ管理のためにJTフォーマットを選択することで、設計から製造、シミュレーション、レイアウトまでの幅広い用途に対応しています。特に、軽量なメッシュデータの管理においてJTフォーマットは優れており、異なるトレランスレベルでのデータ利用が可能です。この柔軟性により、複雑な設計データの効率的な管理と利用が実現します。

また、ダイムラーはJTデータの潜在的な問題に対処するためにJT Openプラットフォームを設立し、STEP AP242のデータをJTに統合することも検討しています。これにより、データの一貫性と互換性が向上し、異なるCADシステム間でのデータ交換が容易になります。この取り組みは、製造業全体の効率化と標準化に寄与する重要な一歩です。

エアバスとダイムラーの最新情報は社外秘であるため詳細は不明ですが、この取り組みは3Dモデル化の進化と製造業の効率化に寄与する重要な事例として評価されています。ダイムラーのアプローチは、製品の設計から製造、保守に至るまでのプロセス全体を革新し、品質向上とコスト削減を実現しています。このような先進的な取り組みは、他の企業や業界にも波及効果をもたらし、製造業全体の競争力を高めることが期待されます。

2024年03月