3D図面の種類

3D図面の種類

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の種類

3D図面の種類について

3D図面技術は製造業において重要な役割を果たし、航空宇宙から自動車産業まで幅広い分野で活用されています。これらの技術は製品の設計、開発、製造、保守において中心的なツールとして機能します。

航空宇宙産業では、3DAモデルの多用が一般的であり、金型の使用が少ないため、長期保存や出図データとして直接利用されます。これにより、複雑な構造の正確な表現とプロセスの効率化が実現されます。長期にわたる保守や運用にも対応できるデータ管理が可能となり、製品ライフサイクル全体の効率を向上させます。

ドイツの自動車産業では、CADデータの直接使用が困難なため、PMI(製品製造情報)を含む3DAモデルが利用されています。PMI情報を活用することで、製品設計情報を詳細に伝え、生産工程でのエラーを減少させることができます。これにより、製造の効率化と品質向上が図られ、結果として製品の競争力が高まります。

一方、フランスでは簡易図面を重視しています。3DAモデルだけでは伝達しづらい詳細情報を補完するため、簡易図面を併用します。これにより、製品製造の精度をさらに高め、製造プロセスにおける重要な参考資料として機能します。簡易図面は、現場での迅速な確認や修正作業にも役立ち、製造のスピードと精度を両立させる手段として利用されています。

このように、3D図面技術は各国の産業において異なる形で活用されていますが、いずれも製造の効率化、品質向上、精度の確保に貢献しています。3DAモデルを中心に、PMI情報や簡易図面を組み合わせることで、設計から製造、保守に至るまでの各工程における情報伝達と共有がスムーズに行われます。これにより、製品の品質と生産性が向上し、製造業界全体の競争力が強化されます。結果として、より高品質な製品を迅速に市場に提供することが可能になります。

3D図面の種類

2024年03月

◆ Aパターン:3Dモデル+簡易図面

日本の製造業では、サプライチェーンの複雑性と多様な製造プロセスを管理するために、3Dモデルと簡易図面を組み合わせた出図方法が効果的とされています。このアプローチでは、伝統的な紙の図面に加えて、公差や文字情報を含む簡易図面が使用され、製造現場での作業指示や検証資料として活用されます。3Dモデルは情報のマスターデータとして機能し、設計作業の工数削減と精度の向上を図ることができます。

具体的には、3Dモデルは製品や部品の詳細な形状や寸法を提供し、設計意図を正確に伝えるための主要な情報源となります。一方、簡易図面は製造現場での迅速な確認や修正に必要な情報を提供し、3Dモデルだけでは伝えきれない詳細情報や指示を補完します。この方法により、設計から製造までのプロセスが効率化され、設計ミスの削減や後の手直しが減少します。

この出図方法の主な利点は、まず設計ミスの削減にあります。3Dモデルと簡易図面を併用することで、設計意図が明確になり、製造現場での誤解やミスが減少します。これにより、製品の品質が向上し、リワークや修正のコストが削減されます。また、工数削減と効率化も大きな利点です。3Dモデルは詳細な設計情報を一元管理できるため、設計作業の効率が向上し、プロジェクト全体のスピードアップが図れます。

さらに、このアプローチは製造現場の柔軟性を高めることにも寄与します。3Dモデルと簡易図面の組み合わせにより、製造現場での迅速な対応が可能となり、問題が発生した場合でも即座に対応できるようになります。これにより、製造プロセス全体の信頼性が向上し、納期遵守やコスト管理の面で大きなメリットが生まれます。

3Dモデルと簡易図面を組み合わせた出図方法は、現代の製造業が直面する複雑な課題に対応するための柔軟で効率的なソリューションを提供しています。これにより、設計から製造までの一連のプロセスが円滑に進行し、高品質な製品を迅速に市場に提供することが可能になります。

2024年03月

◆ Bパターン:3Dモデル+PMI=3DAモデル

ヨーロッパ、特にドイツの産業界では、3Dモデルと製品製造情報(PMI)の統合が進んでおり、製造工程の効率化とデータの一貫性が実現されています。この手法により、設計から製造までのプロセスが大幅に改善され、製品開発の速度と品質が向上しています。特にドイツの自動車工業会では、3DモデルにPMI情報を組み込むことが一般的であり、アセンブリ情報をXML形式で、Brep情報をJT形式で管理しています。これらの情報は3D図面に統合され、製造現場での作業指示や品質検査が迅速かつ効率的に行えるようになっています。

PMI情報の統合は、製造プロセスの自動化を促進する重要な役割を果たしています。設計段階で3Dモデルに組み込まれたPMI情報は、製造段階でも正確に伝達され、設計意図が一貫して保たれます。この一貫性により、データの信頼性が高まり、エラーの発生を防ぐことで生産効率が向上します。

さらに、3DモデルとPMI情報の統合は、製品の品質向上にも寄与しています。製造現場では3Dモデルに直接組み込まれたPMI情報に基づき、正確な作業指示が提供され、品質検査も迅速かつ効率的に行われます。これにより、製品の品質が確保され、リワークや修正の必要性が減少します。

データの一貫性が保たれることで、製造プロセス全体の透明性が向上し、関係者間のコミュニケーションが円滑になります。設計者から製造担当者、品質管理者まで全員が同じ情報を共有し、同じ基準に基づいて作業を進めることができるため、プロジェクト全体の進行がスムーズになります。

ドイツをはじめとするヨーロッパの産業界における3DモデルとPMI情報の統合は、製造プロセスの効率化、エラーの削減、製品品質の向上に大きく貢献しています。この手法は、製造業におけるデジタルトランスフォーメーションの一環として、今後ますます重要性を増していくでしょう。

2024年03月

◆ Cパターン:3DAモデル+簡易図面

近年、製造業界では3DAモデルとPMI(Product Manufacturing Information)情報の統合が進み、設計から製造、検査に至るまでのプロセスが変革されています。3DAモデルにPMI情報を付加することで、製造および検査工程の精度と効率が大幅に向上しています。この統合により、設計意図が製造現場に正確に伝達され、工程全体の一貫性が保たれるようになりました。

3DAモデルを用いた特定の測定ソフトウェアの活用も、検査工程の簡素化と精度向上に寄与しています。例えば、3DAモデルに基づいた自動検査システムは、金型の摩耗や製品の公差範囲外の偏差を早期に検知し、迅速に原因を特定することが可能です。これにより、製造プロセスにおける問題を早期に発見し、適切な対策を講じることで、製品の品質が向上します。

PMI情報の統合は、製造プロセスの自動化を推進し、エラーの発生を減少させるためにも重要です。PMI情報には寸法、公差、表面仕上げ、材質、加工指示などが含まれており、これらが3DAモデルと一体化することで、製造現場での解釈ミスや作業指示の誤解が減少します。その結果、製造工程の精度が向上し、作業の効率化が実現されます。

このような技術の進展は、製造業界において重要な手法として注目されています。具体的には、航空宇宙、自動車、医療機器などの精密工業分野で広く採用されています。3DAモデルとPMI情報の統合により、設計から製造、検査までの一貫したデータ管理が可能になり、製品の品質を高い水準で維持することができます。

3DAモデルとPMI情報の統合は、製造プロセスの質の向上に大きく貢献しています。これにより、製造業界全体の効率と生産性が向上し、企業の競争力が強化されると期待されています。

2024年03月

◆ 実用化は、3DAモデルを選択

   実用化 3DAモデル PMI 簡易図面
Aパターン
Bパターン
Cパターン

※ 簡易図面が存在すると図面の編集が発生し3DAモデルとミスマッチが発生しやすい。
※ 現状、簡易図面に関する手当がなにもない。

2023年03月

◆ 航空宇宙団体(LOTAR)とVDAを中心とする欧州自動車メーカの状況

- システム・運用ルールの都合により3DAモデルを選択

- 運用開始時期は、エアバスA350のリリース時期、2018年から運用開始

- 変換ツールは3D Evolution、検証ツールは3D Analyzerを採用

3DAモデルの採用は、製品データの安全性や品質を向上させ、システムの信頼性と効率性を高める上で極めて重要です。特に、「3D Evolution」と「3D Analyzer」というツールは、3DAモデルの管理において大きな役割を果たします。「3D Evolution」は異なるフォーマット間でのデータ変換を容易にし、製品設計データのシームレスな共有を可能にします。これにより、異なるCADシステム間でのデータ互換性が向上し、エンジニアリングチームの効率が大幅に高まります。

一方、「3D Analyzer」は製品設計の解析や検証に特化しており、設計ミスの早期発見と品質向上に寄与します。このツールは製品データの詳細な解析を行い、設計プロセスでのエラーや不整合を迅速に特定して修正します。これにより、設計から製造までのプロセス全体の品質が向上し、製品開発のサイクルタイムが短縮されます。

これらのツールを活用することで、データの一貫性を保ちながら、設計から製造までのプロセスを効率的に管理できます。例えば、設計変更が発生した場合でも、最新のデータに基づいて迅速に更新作業を行うことができ、設計データの正確性と信頼性が維持されます。こうしたプロセスの効率化により、製品の市場投入時間が短縮され、企業の競争力が向上します。

さらに、3DAモデルとこれを支える技術の進化は、製造業全体の効率化と品質向上に大きく寄与しています。データ変換や解析技術の進展により、製造業における設計プロセスはより迅速かつ正確になり、製品の品質向上が期待されます。結果として、企業はより高品質な製品を短期間で市場に提供することができ、顧客満足度の向上と市場シェアの拡大が実現します。

このように、3DAモデルとそれを支えるツールの進化は、製造業の未来を形成する重要な要素であり、今後もさらなる効率化と品質向上を推進する原動力となるでしょう。

2024年03月