3DAモデルの標準化(航空宇宙団体)

3DAモデルの標準化(航空宇宙団体)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3DAモデルの標準化(航空宇宙団体)

3DAモデルの標準化(航空宇宙団体)について

航空宇宙団体LOTARの3DAモデル運用ルールは、製品開発の設計の一貫性、データ品質、効果的なチームコミュニケーションを確保するために不可欠です。これらの運用ルールは、モデリング標準、注記標準、データ表現標準の三つに分類され、製品品質と生産効率の向上を目指しています。

まず、モデリング標準は、3DAモデルの作成方法を詳細に定めています。設計者はこの標準に従うことで、製品の設計を正確に表現し、設計の一貫性を保つことができます。共通のモデリング手法を用いることで、設計者間の理解が促進され、後工程でのエラーや修正の減少につながります。これにより、生産効率が向上し、設計プロセスがスムーズになります。

次に、注記標準は、設計情報の文書化と伝達方法を定めています。統一された形式で注記や指示が記載されることで、製造現場や品質管理部門での明確な指示提供が可能となります。これにより、製造プロセスが円滑に進行し、製品の品質が向上します。統一された注記形式は、誤解を防ぎ、製品の設計意図を正確に伝えるために重要です。

最後に、データ表現標準は、データの視覚的な側面を規定します。データのレイアウトや表示される情報の形式を統一することで、異なる部門やパートナー間の理解が促進されます。統一されたデータ表現は、コミュニケーションの効率を高め、プロジェクトの進行をスムーズにします。データが見やすく、理解しやすい形式で提供されることで、情報の共有が迅速かつ正確に行われます。

これらの運用ルールを遵守することで、組織全体の効率と品質が向上します。特に、航空宇宙業界のような高度に専門化された分野では、設計の一貫性と高品質なコミュニケーションが不可欠です。LOTARの3DAモデル運用ルールは、グローバルな作業環境において共通の基準と理解を確立し、設計、製造、保守の各段階での信頼性と効率性を保証する重要な基盤となっています。

3DAモデルの標準化(航空宇宙団体)

2024年03月

◆ トレランスを0.02mmに統一

現代の製造業界では、3DAモデル技術の精度と効率性の向上が必須となっており、特にCADデータの変換の成功が重要です。各CADシステム間のトレランスの違いは、データ変換における障壁となり得ます。ドイツ製造業界では、CATIAソフトウェアが採用するトレランスに焦点を当てており、過去にはCATIA V4で0.02mmのトレランスが設定されていました。これにより、異なるCADソフトウェア間でのデータ変換の成功率が向上しました。

近年、多くの企業がトレランスを0.02mmの世界標準に統一し、最終的な3DAモデル出力時にこの統一トレランスへの変更を行い、ヒーリングやステッチング技術で微細な誤差を修正しています。これにより、CADソフトウェア間のデータ変換失敗が大幅に減少し、製品設計の精度向上、製造プロセスの効率化、製品品質の向上に寄与しています。また、統一されたトレランスとデータ変換プロセスは、国際的な協力とデータの互換性を促進し、製造業界のグローバル市場での競争力強化と持続可能な発展を支援します。

トレランスの統一は、製品の精度と信頼性を確保するための重要な要素です。これにより、部品が正確に適合し、組み立てや製造過程での問題が減少します。特に、航空宇宙や自動車産業など、高い精度が要求される分野では、このトレランスの統一が不可欠です。また、ヒーリングやステッチング技術の活用により、変換プロセス中に発生する小さな誤差や不整合を修正し、データの一貫性と品質を維持します。

さらに、統一されたトレランスとデータ変換プロセスは、国際的な設計チームや製造パートナーとの協力を円滑にします。これにより、異なる国や地域の企業が共通の基準で作業を進めることができ、効率的なデータ共有とコラボレーションが可能になります。このように、統一トレランスの導入と高度なデータ変換技術の利用は、製造業界の進化とグローバルな競争力強化に大きく貢献しています。

2024年03月

◆ トレランス統一による微小面の値が確定

CADデータの精度と効率性の向上は、製造業界における設計と製造プロセスを効率化するために重要です。この目的を達成する手段の一つが、CADデータのトレランス統一です。トレランスの統一は、データの標準化基準を確立し、変換の品質と効率を向上させます。特に「微小面」の削除や修正は、データ変換時のエラーを減少させるために重要であり、CADデータのバッチ処理中に自動的に行われます。

ISOやドイツ自動車工業会(VDA)などの組織が標準化に貢献しており、これによりCADデータの品質と効率性が大きく向上しています。トレランスが0.02mmに設定された3DAモデルでは、ヒーリングや品質適正化プロセスがエラーの減少と製品品質の向上に寄与し、製品開発のリスクを低減します。これにより、製品設計と製造のプロセスが効率化され、迅速で精密な製品開発が可能となります。

具体的には、統一されたトレランス設定により、異なるCADシステム間でのデータ変換の成功率が向上し、設計ミスの防止や修正作業の削減が期待されます。これにより、製造業界全体の競争力が向上し、市場での成功が支援されます。また、トレランス統一とデータ変換技術の改善により、国際的な協力とデータの互換性が促進され、グローバルな設計チームや製造パートナーとの円滑な連携が可能となります。

このように、トレランス統一とCADデータの標準化は、製品設計の精度を高め、エンジニアリングの効率化に直接貢献します。これにより、製造プロセス全体の品質と効率が向上し、製造業界の競争力強化と持続可能な発展が支援されます。

3DAモデルの標準化(航空宇宙団体)

2024年03月

◆ 3DAモデルのクリーンアップ

現代の製造業において、3Dモデル変換は設計から製造へのプロセスを効率化する上で不可欠です。このプロセスは、CADデータの精密な分析を通じて精度を保証し、0.02mmの厳格なトレランスを満たすために、ヒーリングやステッチング技術を用いて誤差を修正します。変換後のデータは、STEP AP242やJTなどの一般的なフォーマットに保存され、データの同等性と完全性が保証されます。業界団体の支援を受けたこの技術の採用により、生産性が大幅に向上しています。

例えば、ダイムラー社では3Dモデル変換技術の導入により、設計と製造の工数が半減したと報告されています。この技術は、設計データを正確に変換し、製造現場での利用をスムーズにするため、製造プロセス全体の効率と精度を大幅に向上させます。具体的には、設計段階で作成された3Dモデルが、製造工程においてそのまま使用可能な形式に変換されるため、手戻りや再設計の手間を削減します。

さらに、3Dモデル変換技術は、設計データの標準化と一貫性を維持するために不可欠です。業界標準のフォーマットに変換することで、異なるシステム間でのデータの互換性が確保され、エンジニアリングチームや製造パートナー間のコラボレーションが円滑に行われます。この一貫性により、データの品質と信頼性が向上し、製造過程でのエラーや不良品の発生を最小限に抑えることができます。

3Dモデル変換技術は、製造業界におけるデジタルトランスフォーメーションの一環として、設計と製造の両方のプロセスを最適化します。これにより、製品開発のサイクルが短縮され、迅速な市場投入が可能となります。また、製造の効率性と精度が向上することで、コスト削減と品質向上が同時に実現され、製造業界全体の競争力強化に寄与します。

3Dモデル変換技術の導入は、現代製造業におけるプロセスの効率化と精度向上において重要な役割を果たしており、企業の競争力を維持・強化するための鍵となる技術といえます。

2024年03月

◆ 3DAモデルの標準化(航空宇宙団体)

- フォーマットは、STEP AP242で55年保障、アセンブル情報は、AP242XMLとする

- データ品質は、10303-59(PDQーS)をパスすること

- 変換精度は、10303-62(Equivalence)情報をSTEP AP242に記述すること

2023年12月