3D図面データ単純化

3D図面データ単純化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面データ単純化

3D図面データ単純化について

◆ 概要

3D図面成功の鍵は、トランスレータと3D図面データ単純化にあります。3D図面データ単純化は、3Dデータを活用し設計製造のコストダウンを図る目的で開発され、ドイツ自動車工業界で運用されています。3D図面データ単純化の機能は、3Dデータの軽量化、3Dデータの保護化、3Dデータの外形化に分類されます。3Dデータ軽量化は、3Dデータのポケットや穴などのフィーチャーを除去した形状を作成します。これにより軽いデータにより、ロボットシミュレーションやレイアウト検討を行います。3Dデータ保護化は、協調設計で3Dデータを提出する場合に、隠蔽したい部分のフィーチャーを削除して貞淑します。削除されたフィーチャーのエッジをワイヤーフレームとして残すことが可能です。3Dデータ外形化は、梱包設計に必要な形をアセンブルデータから作成します。この計算は、アウタートレランスで行われます。塗装ロボットようにアセンブル形状から外観形状の抽出を行いロボットシミュレーションが効率的に行われるような3Dデータを作成します。設計は、細かい情報が必要ですが、後工程では大雑把な形状が必要な場合が多いようです。その場合3D図面データ単純化を1クリックで計算させます。梱包設計が前倒しになるだけで半年以上の工数削減となります。3D図面データ単純化は、3Dバッチ処理に対応しています。

3D図面データ単純化

◆ 「3D図面データ単純化」の特徴

✔ 3Dデータに高度な数学を適用し明確なコストダウンを実現


◆ 「3D図面データ単純化」の関連機能

3D図面データ単純化は、設計データを後行程で有効に使用するため特殊な計算を行います。3D図面データ単純化を行うと3Dデータの容量が削減されます。後工程とは、協調設計、ハーネス設計、パイピング設計、ロボットシミュレーション、物流の梱包設計などに使用するデータを自動作成します。ダイムラー社の事例では、PDMにチェックインしたタイミングで自動作成されます。すべての情報の機密部分は、削除され簡単な形状に置き換わるため、協調設計など外部に3Dデータを安全に軽いデータとして3Dデータ変換により任意のフォーマットで出力できます。

  • 3D図面の3Dデータ軽量化
  • 3D図面の3Dデータ保護化
  • 3D図面の3Dデータ外形化
  • 3D図面のハイブリット軽量化
  • 3D図面のシュリンクラップ軽量化
  • 3D図面のバウンダリーシェイプ軽量化

3D図面データ単純化