ビックデータ 干渉チェック

ビックデータ 干渉チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

ビックデータ 干渉チェック

ビックデータ 干渉チェックとは

欧州では3D図面を実用化するためにビッグデータ干渉チェック機能(DMU 干渉チェック)を完成させ運用されています。DMU 干渉チェックは、データ規模やユーザー数に制限なく3D_Evolutionを運用するWebベースインターフェイス(EDM)上で動作します。大規模データの処理対応はマルチCPUおよび複数のサーバー間の並列分散処理で行うことが可能です。3次元CADの最大メリットは、干渉チェックです。しかしながら現実は、接触と干渉の区別が難しいようです。少ない部品点数であれば接触と干渉の区別をすることは簡単ですが、自動車のように1万5000点の部品点数になるよ容易ではありません。3Dデータの読み込みは、バイナリー解析技術で高速にビッグデータを読み込み、アウタートレランスのバウンダリーボックスを作成し干渉の可能性があるパーツをデータベース化して干渉チェックを行います。干渉チェックを行う場合は、得意のオフセットアルゴリズムでソリッドパーツを小さくして干渉計算を行います。オフセット計算を行うことで接触部分を除外し干渉パーツを明確にすることが可能となります。自動車一台の干渉チェックは約8時間です。複数台のライセンスを運用することで時間はさらに短縮され、データベースを使用するため2回目の干渉チェックは数十分以内に終了します。設計変更があったパーツを自動検知して干渉チェックを日々行うことが可能です。ボルトやパッキン形状のように干渉が当たり前のパーツは、干渉パーツリストから除外することで次回の干渉チェックで除外されます。3D図面を運用する場合は、干渉チェックがあるパーツを確実にチェックする必要があります。

干渉チェック

EDM 干渉チェックの特徴

▼ バイナリー解析技術により3次元CADの生データを高速に読込み実行

▼ 大容量アセンブリデータに対応

▼ 接触部分と干渉部分を自動認識

▼ データベースにより位置変更、形状変更は差分干渉チェックで高速処理

▼ ネジ、パッキンは、リストからまとめて計算除外指定

▼ 複数ライセンスによるパラネル処理が可能

▼ 設計変更時にリアルタイム干渉チェックが可能

▼ 処理結果は、3D Evolutionまたは3D Analyzerで確認


EDM プロセスイメージ

複数のプロセスの並列処理により自動車1台の干渉チェックは、1ライセンスで約480分程度で2回目以降は約20分程度です。並列処理が可能なため2ライセンスでは演算時間が約半分になります。2回目以降の処理は、差分処理のため極端に時間が短縮されます。

大容量 干渉チェック
干渉チェック時間

高度な近傍検索

近傍検索エンジンは、3Dデータをアウタートレランス計算でボクセルデータ化してデータベースに登録します。アウタートレランスのボクセル化は、CT Core Technologie社の独特の技術です。一般的なインナートレランスでは、本来の形状より内側にボクセルデータが生成されるため干渉を見逃す危険があります。登録されたボクセルデータで近傍検索を行い近傍データ情報もデータベースに登録されます。このボクセル化アルゴリズムは、製品データの梱包空間を計算する時にも用いられ高速にボクセル化します。

近傍検索

EDM 干渉チェックの実行例

jetエンジン干渉