ビッグデータ 軽量化

ビッグデータ 軽量化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

ビッグデータ 軽量化

ビッグデータ 軽量化とは

3D Evolutionの軽量化ツールのシュリンクラップやバウンダリーシェイプは、点群データ(テッセレーションデータ)を簡略化したり近似形状を抽出したりすることが可能です。工場のレイアウトを検討する場合に工場の点群データを簡略化したりシュリンクラップすることで軽量化し3次元CADで認識可能なテッセレーションデータに保存することが可能です。3次元CADで認識可能なテッセレーションデータとは、CATIA V5のCGRデータ、JTデータ、RobCADデータです。3次元CADで認識できることは、使い慣れた3次元CADの様ざま検証ツールが使用可能となります。設備情報の点群データは、点群データからバウンダリーボックスを認識したりシュリンクラップで1ソリッド化することが可能です。3D Evolutionは、大規模点群データを読取り、干渉チェック・クリアランスチェック・形状比較・投影面積が可能です。

点群 軽量化

大規模点群データ軽量化の特徴

▼ 大容量 点群データの読取りが可能
▼ 大容量 点群データをシュリンクラップ処理で軽量化が可能
▼ 大容量 点群データをバウンダリーシェイプ処理で近似形状を抽出可能
▼ 大容量 点群データをオフセットしクリアランス設定が可能
▼ 大容量 点群データを変換し3次元CADで検証可能
▼ 大容量 点群データから投影面を作成し2次元ベースで検証可能
▼ 大容量 点群データの干渉チェック・隙間チェック・比較チェックが可能


大規模点群データ軽量化技術

▼ 簡略化処理(バウンダリーシェイプ)

点群データから近似計算によりバウンダリーシェイプを計算し3次元3Dデータに変換することが可能です。バウンダリーシェイプは、形状の外観を包含した形状のため干渉チェックや隙間チェック(クリアランス検証)に用いられるます。大雑把に干渉チェックや隙間チェックが行えるため大規模な工場レイアウト等のレイアウト検証に用いることが可能です。

点群データ軽量化

▼ 点群データのオフセット

点群データを高速にオフセット可能です。このオフセットは、工場のレイアウト検証を行う場合に設備間のクリアランスをチェックする場合に有効な方法です。

点群データのオフセット

▼ 投影面積

点群データをシュリンクラップ処理を行い投影面を計算することが可能です。投影面は2次元で工場レイアウトを検討する場合に必要です。

投影面積