3DAモデルの推進団体

3DAモデルの推進団体

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3DAモデルの推進団体

3DAモデルの推進団体について

航空宇宙団体(LOTAR)とドイツ自動車工業会(VDA)は、3Dアノテッドモデル(3DAモデル)の管理における標準化を推進し、デジタル化の進展に伴う効率性と安全性の向上を目指しています。

LOTARは、3DAモデルの長期アーカイブと検索に重点を置き、データフォーマットやストレージメディアの持続可能性を追求しています。航空宇宙産業では、航空機の設計や運用データの長期保存が不可欠です。航空機の設計データは、何十年も保管され、メンテナンスや改修時に参照されるため、その正確性とアクセス可能性が極めて重要です。LOTARの取り組みは、これらのニーズに応え、データの一貫性と再利用性を保証することを目的としています。

一方、VDAは、自動車産業におけるサプライチェーン全体でのデータのスムーズな流れを重視しています。自動車産業では、設計から製造、アフターサービスに至るまでのデータの一貫性と互換性を確保することが重要です。部品供給業者から最終製品の組み立てに至るまで、多くの異なる企業が関与する複雑なプロセスを管理するためには、データの正確性と一貫性が不可欠です。VDAの標準化努力により、サプライチェーン全体でのデータ交換が容易になり、製品開発のスピードと品質が向上します。

これらの取り組みにより、各業界は3DAモデルを持続可能かつ効率的に管理・利用するための基準を確立し、業界全体の生産性向上に貢献しています。3DAモデルの標準化は、デジタル技術の進化に伴うモデルの損失を防ぎ、長期的に互換性のある運用基盤を築くために重要です。データの長期保存とアクセスの容易さは、将来的な技術革新や製品の改良にも対応するための基盤となります。

LOTARとVDAの標準化努力は、製造業界全体のデジタル変革を支える重要な要素となっています。これにより、効率性、安全性、持続可能性の向上が図られ、各業界は未来の挑戦に対して柔軟かつ効果的に対応できるようになります。

3DAモデルの推進団体

2024年03月

◆ 3DAモデルの推進団体

2024年01月