航空宇宙団体(LOTAR)

航空宇宙団体(LOTAR)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

航空宇宙団体(LOTAR)

航空宇宙団体(LOTAR)について

航空宇宙産業では、製品のライフサイクルが数十年に及ぶため、この間に蓄積される膨大な量の3DAモデルやその他のデータを安全に保存し、常にアクセス可能に保つ必要があります。このデータには、設計図面、製造データ、運用ログなどが含まれます。こうした課題に対応するため、LOTAR(Long Term Archival and Retrieval)イニシアチブが設立されました。

LOTARは、航空宇宙産業におけるデジタルデータの長期保存と、技術の進展に伴うデータの取り出しや再利用のためのメソッドを確立することを目指しています。多国間の航空宇宙機関が協力し、STEPやAP242といった国際標準に基づく標準化を推進しています。これにより、データが長期にわたり安全に保管されるだけでなく、新しい技術やフォーマットに適応しやすくなります。過去のプロジェクトデータを新プロジェクトに再利用することが可能となり、コスト削減やプロセスの高速化に貢献しています。

具体的には、LOTARはデジタルデータのライフサイクル管理を標準化することで、データの一貫性と再利用性を確保します。これにより、設計から製造、運用、保守に至るまでのデータが統一されたフォーマットで管理され、将来にわたってアクセス可能となります。たとえば、航空機の設計データは何十年も保存され、定期的なメンテナンスや改修作業に利用されることが一般的です。

さらに、LOTARはISOやProSTEP iViPなどの標準化機関とも協力し、航空宇宙業界を越えたデータの長期保存の標準化を推進しています。これにより、他の産業においてもデータの長期保存と再利用が容易になります。例えば、自動車産業や医療産業などでも、同様の標準化が進むことで、長期的なデータ管理が可能となり、技術の進展に伴うデータの移行や変換がスムーズに行えるようになります。

LOTARの取り組みは、データの長期保存と再利用性の重要性が高まる現代において、多くの産業にとって重要な資産となっています。デジタルデータの持続可能な管理は、企業の競争力を維持し、技術革新を支えるための基盤です。航空宇宙産業におけるLOTARの成功は、他の産業にも大きな影響を与え、データ管理の標準化と効率化を推進するモデルとなっています。

このように、LOTARイニシアチブは、デジタルデータの長期保存と管理の標準化を通じて、航空宇宙産業全体の効率性と競争力を高める重要な役割を果たしています。将来的には、さらなる技術革新とともに、データの長期保存と再利用性が一層重要となり、LOTARの取り組みが他の多くの産業においても広がっていくことが期待されます。航空宇宙産業では、製品のライフサイクルが数十年に及び、この間に膨大な量の3DAモデルなどのデータを安全に

2024年03月

◆ LOTARと型式認証

航空宇宙産業において、製品の信頼性と安全性を確保するためには、設計から運用、退役に至るまでの全ての情報を正確かつ永続的に保持することが求められます。この要件に応えるために、LOTAR(Long Term Archival and Retrieval)イニシアチブが設立されました。LOTARの主な目的は、製品データを長期間にわたり保存し、技術の進歩やフォーマットの変化にも耐えうる状態で情報の検索可能性を確保することです。

LOTARは、航空宇宙製品のライフサイクル全体にわたって情報の可用性を保証し、型式認証プロセスをサポートします。型式認証プロセスとは、航空機やその部品が安全性と性能の厳格な基準を満たしていることを保証する重要なプロセスです。情報の適切な保存は、製品が現在の規制に適合しているかを確認するための基盤を提供します。これにより、規制当局や顧客に対して製品の安全性を証明することが可能となります。

また、保存されたデータにアクセスすることで、運用中に発生する問題の原因を迅速に特定し、解決することができます。これは、製品の設計データや製造記録が長期間にわたって正確に保存されていることによって初めて可能となるものです。さらに、新しい規制への適合性を確認する際にも、過去のデータが役立ちます。技術や規制が変化する中で、既存の製品が新しい基準を満たしているかどうかを確認するために、詳細な履歴データが必要です。

保守やアップグレードの際にも、保存されたデータは重要な役割を果たします。例えば、部品の交換や改修を行う際に、正確な設計情報や製造データにアクセスすることで、作業の精度と効率が向上します。これにより、製品のライフサイクル全体でデータの整合性と再利用性が保証されます。

LOTARの取り組みは、製品の安全性と信頼性の維持に大きく寄与し、乗客と乗員の安全を守るための基盤を強化します。データの長期保存と再利用性の確保は、航空宇宙産業にとって不可欠な要素であり、これにより企業は持続可能な成長と技術革新を続けることができます。

2024年03月

◆ LOTARコンソーシアム参加企業の一部

航空宇宙産業では、高度な技術や製品のライフサイクルの長さに伴い、データの長期保存と再利用が重要視されています。これに対応するために、LOTAR(Long Term Archival and Retrieval)プロジェクトが設立され、多くの企業や団体が参加しています。このプロジェクトには、航空機製造、ジェットエンジン製造、防衛・セキュリティソリューションの提供を行う主要企業が含まれます。参加企業には、Airbus、Boeing、Dassault Aviation、BAE Systems、Rolls-Royce、Safran、Lockheed Martin、Raytheon、Embraer、Bombardier、General Electric Aviation、Pratt & Whitney、Northrop Grummanなどがあります。

LOTARプロジェクトには、これらの企業だけでなく、サプライヤー、サブコントラクター、ソフトウェア企業、航空当局、研究機関など、航空宇宙産業に関連する幅広い組織が参加しています。これらの参加者は、データ保存と再利用の標準化に貢献し、製品のライフサイクル全体での情報の可用性を保証しています。データの長期保存と再利用は、製品の信頼性と安全性の維持に不可欠であり、航空機や部品の設計、製造、運用、退役に至るまでの全ての情報が正確かつ永続的に保持されることを目的としています。

LOTARプロジェクトの主な目標は、デジタルデータを長期間にわたり保存し、技術の進歩やフォーマットの変化にも対応できる状態で情報の検索可能性を確保することです。これにより、製品が現在の規制に適合しているかの確認や、問題発生時の原因調査、新規規制への適合性確認、保守やアップグレード時のデータ利用が可能になります。また、データの適切な保存は、製品の安全性と性能を保証するための基盤を提供します。

具体的には、AirbusやBoeingなどの航空機メーカーは、設計データや製造記録を長期にわたって保存し、必要な時に迅速にアクセスできるようにしています。エンジンメーカーであるRolls-RoyceやGeneral Electric Aviationも、エンジンの性能データや運用ログを保存し、メンテナンスや性能向上のために利用しています。さらに、防衛企業であるLockheed MartinやRaytheonは、軍用機や防衛システムのデータを保存し、長期的な運用とアップグレードに対応しています。

LOTARプロジェクトは、ISOやProSTEP iViPなどの標準化機関とも協力し、航空宇宙業界を超えたデータの長期保存の標準化を推進しています。この取り組みにより、データの長期保存と再利用性が確保され、多くの産業でのデジタルデータ管理の向上に寄与しています。データの一貫性と信頼性を維持することで、航空宇宙産業は高い安全性と性能を提供し続けることができ、乗客と乗員の安全を守るための基盤を強化しています。

2024年03月