3D図面の複合加工

3D図面の複合加工

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の複合加工

3D図面の複合加工について

◆ 3D図面の複合加工

複合加工は、従来は旋盤加工と3軸加工の組合せです。複合加工は、部品加工に分類される製造方法です。メリットは回転形状に対して回転で位置決めを行い2.5軸加工が実行可能です。また回転軸と3軸加工の組合せで同時4軸加工が行えます。この同時4軸加工の代表的な例が、シングルインペラー加工です。このインペラーは、航空機のエンジンで使用され、摩耗部品として定期的に交換が必要な部品です。複合加工で加工できる部品の種類は限られていました。最近の複合加工機は旋盤を5軸加工機の組合せで加工できる部品の種類が増えてきました。例えばエンジンで使用されるクランクシャフトです。従来は、鍛造金型で製造し、2次加工で真円度を向上させます。つまり製品化に手間が掛かる部品です。最新事例では、旋盤で真円度の加工を行い旋盤で加工できない部分を5軸加工で加工することが可能です。その場合は、位置決めを行う必要がなく工数削減と精度向上が実現できます。パワートレイン系の部品は、回転系が多いため複合加工が可能となります。