3D図面の部品加工

3D図面の部品加工

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の部品加工

3D図面の部品加工について

◆ 3D図面の部品加工

一般的に製造工程には部品加工と金型加工があります。それぞれの特徴は、部品加工では、製品を直彫りするのに対して金型加工は、金型を作成して製品を作成します。大量生産を行う場合は、金型加工が有利となり直ぐに部品が欲しい場合は部品加工が有利となります。製品特性や生産量に於いて部品加工や金型加工を選択する場合もありますが、どちらでも製造可能な部品も多数あります。以前は3軸加工が中心だったため、部品加工を行う場合に加工条件が厳しくなるケースがあります。部品の形状によっては、工具長を長く出す必要性があったり、アンダーカットにより加工が複雑になります。そのような場合は、加工工数が掛かるため、設計変更を行うケースが多発します。現在は、5軸加工が普及してきたため部品の形状による加工条件問題が減少し、工具長も短縮方向に向かい加工時間も短く、精度は向上します。このように5軸加工が中心となりますと、過去に加工条件のため、部品を分割して設計していたものが、一体部品として設計が可能となり、設計工数が減少し部品強度や部品性能を向上させることが可能となります。3D図面が運用された場合は、設計と製造が連携し改革に努めれば工数削減、精度向上に繋がります。部品加工が主流になると生産体制は、オンデマンド生産に近づき、無駄な製品を生産する必要がなくなります。