3DAモデルの修正

3DAモデルの修正

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3DAモデルの修正

3DAモデルの修正について

3DAモデル修正プロセスは、CADデータを3DAモデルに変換する際にエラーや不整合を事前に検出し、修正することを目的としています。このプロセスは製品設計から製造までの全体の品質向上に寄与し、信頼性の高いデータを提供するために不可欠です。主要な検証ステップには、「CADデータの品質チェック(ISO:10303-59)」と「CADデータの位相トレランスチェック」が含まれます。

「PDQ-S」は形状や配置のチェックを行う標準的なプロセスであり、CADデータのジオメトリが正確かつ一貫しているかを検証します。これにより設計段階でのエラーが早期に発見され、修正が可能になります。問題が検出された場合、「品質適正化(Quality Optimization)」プロセスが適用され、ジオメトリエラーや配置の不整合が修正されます。

「CADデータの位相トレランスチェック」は、CADデータに対する公差の範囲を検証し、指定された誤差範囲内でデータが正確であることを確認します。このプロセスではエラーが発見されると、同様に「品質適正化」やその他の技術が用いられ、データの整合性が修正されます。

これらの検証および修正プロセスは高度に自動化されており、全体の約70%のモデルが自動で処理されます。この自動化によりエンジニアやデザイナーは手動の修正作業から解放され、より創造的な設計活動に集中することができます。修正されたモデルは信頼性の高いデータとして製品設計や製造プロセスで活用され、全体の品質向上に貢献します。

また、この修正プロセスはLOTAR(Long Term Archival and Retrieval)やVDA(Verband der Automobilindustrie)の基準に従って実施されます。これらの基準はデータの長期保存と再利用のための枠組みを提供し、業界全体でのデータの一貫性と品質を保証します。

3DAモデル修正プロセスは製品データの信頼性と精度を高め、製品設計から製造までの各段階での品質向上を実現します。これにより製品開発サイクルが短縮され、コストが削減され、最終製品の品質が向上します。このプロセスの実施は製造業におけるデジタルトランスフォーメーションを推進し、競争力を強化するための重要なステップとなります。

2024年03月