3Dデータ長期保存の考え方

3Dデータ長期保存の考え方

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ長期保存の考え方

3Dデータ長期保存の考え方

3D図面の長期保存は、世界最高水準のバイナリー解析技術により3次元CADライセンスに依存することなく、3次元CADファイルを直接読取り3D長期保存フォーマットであるISO 10303 STEP AP242に変換します。3D長期保存で重要なことは、3次元CADライセンスに依存しないことです。現在、ほとんどの企業において3次元CADのネイティブフォーマットのままで保存しています。3次元CAD寿命と製品寿命を比較して製品寿命が長い場合は、3次元CADライセンスが供給されずネイティブフォーマットが読めなくなるケースが想定されます。現時点でも20年前の3Dデータが読めるケースは少ないと思います。3D Evolutionは、20年前の3Dデータを正確に読取り、最新のISO 10303 STEP AP242や3Dデータに変換することが可能です。3D Evolutionは、元データとSTEP AP242データの同一性検証を行うため、3次元データの情報としてGVPとAVP情報を変換と同時にSTEP AP242データに書き込み、STEP AP242単独で検証することが可能です。3D Evolutionは、バイナリー解析技術により3次元CAD環境の構築が困難な状況において国際標準化機構(ISO)の3D長期保存が可能な唯一のソフトウェアです。

3D Evolution

入出力インターフェイス

▼ 入力インターフェイス

インターフェイス 拡張子 バージョン
3DExperince *.3Dxml All-R417
2014x-2015x
3MF *.3mf
Acis *.sat
*.sab
All-R21
AMF *.amf
AutoCAD *.dwg All-2013
CADDS _pd
_ps
4&5
CATIA V4 *.model
*.dlv
*.exp
All-4.x
CATIA V5 *.CATPart
*.CATProduct
*.cgr
R10-R27
CATIA V6 *.3Dxml R210-R213
2011x-2013
Creo *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
All-Creo4.0
*.neu 13-WF5
DGN *.dgn
DWG *.dwg All-2013
Euklid *.edx
FBX *.fbx
iCAD *.x_t
*.x_b
All-26
I-Deas *.arc
*.unv
*.asc
All-NX6
IGES *.igs
*.iges
5.2-5.3
Inventor *.ipt
*.iam
All-2017
*.sat
*.sab
All-R21
JT *.jt 6.4-10.2
Nastaran *.nas
NX *.prt 11.1-NX11
*.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
Mecanical Desk Top *.sat
*.sab
All-R21
MicroStation *.dgn
*.sat
*.sab
All-R21
Parasolid *.x_t
*.x_b
All-26
PLMXML *.xml
Proe *.prt
*.xpr
*.asm
*.xas
13-WF5
*.neu 13-WF5
Rhinoceros *.3dm
RobCAD *.rf
Solid Edge *.x_t
*.x_b
All-26
*.jt 6.4-10.2
SolidWorks *.sldprt
*.prt
*.sldasm
*.asm
1999-2017
*.x_t
*.x_b
All-26
STEP *.stp
*.stpx
*.step
*.stpZ
AP203
AP214
AP242
Space-E *.sat
*.sab
All-R21
STL *.stl
TOPsolid *.x_t
*.x_b
All-26
VDA *.vda FS2.0
VisiCAD *.wkf
VRML *.wrl
*.vrml
97
97Zip
X3D *.x3d
*.x3db

▼ 出力インターフェイス

Interface Information 出力情報
Facet 表示 形状 履歴 位置 PMI 図面
拡張子 *.step
*.stp
*.sptx
*.stpZ
Ver AP242

国際標準化機構による 3D図面の長期保存

▼ 長期保存フォーマットISO 10303 STEP AP242とは

形状情報は、従来のAP203(航空宇宙産業)とAP214(自動車産業)の情報をマージしています。そのほかに3D図面(3DAモデル)用にPMI情報、ビューワ用に表示情報、変換保証情報としてGVPとAVP情報が格納できます。GVPは、元データの表面積や体積等のマスプロパティ情報、AVPは、アセンブリの個数等に関する情報が記録されます。AP242のBrep情報とGVPやAVPを比較することで元データがない場合でも将来にわたり元データと同一性を保証します。AP242のBrep情報と元データの表示情報を比較することでビジュアル的に同一性が確認できます。


▼ ISO 10303 STEP AP242の変換保証対応

航空宇宙団体(LOTAR)やISOが定義した変換保証のバリデーション項目によりSTEP AP242の変換保証が実現しています。ドイツ自動車工業会(VDA)は、同じバリデーション項目をJTフォーマットに実装することを検討しています。バリデーション項目の体積や表面積などは、3Dシステムによってアルゴリズムが違うため答えが一致しません。その様な状態では変換保証ができませんので国際団体CAF-IFがアルゴリズムを開発し3D Evolutionに実装しています。

AP242 長期保存

▼ ISO 10303 STEP AP242の圧縮フォーマット対応

CATIAオリジナル(A) 35.1Mb
STEP変換データ 38.5Mb
stpZ変換データ(B) 8Mb
圧縮率 (B/A×100) 22.8%
AP242 軽量化

3D Evolutionのシステムイメージ

3D Evolutionのシステムイメージは、3Dデータの入出力は様々なフォーマットに対して行えるため、その部分を切り取るとダイレクトトランスレータとなります。オリジナルフォーマットとしてCTフォーマットが提供されていて高速に入出力が可能です。3Dデータの読取りは、バイナリー解析技術で読み取りますのでCADライセンスは必要とせず、3Dデータ修正、曲面オフセット、3Dデータ単純化、ダイレクトモデリングなど形状加工処理を行い任意のフォーマットに保存することが可能です。殆どの処理は、処理内容が決まっていますのでバッチ処理が可能となり、PLMプロセスの効率化に繋がっています。

3D Evolutionのイメージ