CADデータ長期保存|CADデータ国際標準化

CADデータ長期保存|CADデータ国際標準化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータ長期保存|CADデータ国際標準化

CADデータ長期保存について

CADデータの長期保存方法は、国際標準化機構(ISO)やLOTARにより定義され、EN9300(ヨーロッパ規範)で規定されています。3DAモデルを運用した場合、流用設計やPL法対策として数十年以上、設計3Dデータを保管する必要性があります。具体的な保管期間は、自動車産業界では約20年程度、航空宇宙産業界では約50年程度とされています。国際的に認められている3Dデータの長期保管フォーマットは、STEP AP242 Business Object Modelです。STEP AP242 Business Object Modelは、AP203とAP214をマージし、さらにPMI、表示データ、同一性検証情報を付加したフォーマットです。同一性検証には、マスプロパティ情報が重要なため、世界標準として統一されたマスプロパティ計算、アルゴリズムで評価します。このアルゴリズムは、国際団体CAx-IFから供給されており、当然ながら3D_Evolutionに実装されています。また長期保存プロセスの特性により、適切なタイミングでSTEP AP242 Business Object Modelに変換できることが重要です。適切なタイミングで大容量CADデータを変換するには、CADライセンスが失効している状況下でもCADデータの長期保存が可能なことが要求されます。従ってバイナリー解析技術が必要となります。このバイナリー解析技術は、CADライセンスに依存することなくCADデータを正確かつ高速に読み取り長期保存またはCADデータ国際標準化が可能な技術として定着しています。このバイナリー解析技術は、CAEやCAMでCADデータをImportする技術として日本国内の殆どの製造業で運用されています。



LOTARの目的と関係団体

LOTARの目的は、3Dデータ、PDMデータのデジタルデータ長期保管方法の基準を定義することです。これらの基準は、検査可能な保存方法や再利用プロセスを定義します。例えば自動車産業や造船産業で行われている業界標準部品の再利用基準や方法などです。LOTARは、VDAのアーカイブ提言4958、ISO14721、オープン·アーカイブ情報システム(OAIS)を参照しています。標準の文書は、国立航空宇宙規格(NAS)は、AIAと協力して、EN9300シリーズとして出版されています。LOTARは、ASD-STAN、AIA PDES社とProSTEP iViPの協力により航空宇宙·防衛業界のリーディングOEMおよびサプライヤーが行っているプロジェクトで実装信頼性を確保します。

LOTARの仲間