3Dデータ長期保存

3Dデータ長期保存

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3Dデータ長期保存

3Dデータ長期保存について

3Dデータの長期保存方法は、国際標準化機構(ISO)や航空宇宙団体(LOTAR)により定義され、EN9300(ヨーロッパ規範)で規定されています。3D図面を運用した場合、流用設計やPL法対策として数十年以上、設計3Dデータを保管する必要性があります。具体的な保管期間は、自動車産業界では約20年程度、航空宇宙産業界では約50年程度とされています。国際的に認められている3Dデータの長期保管フォーマットは、STEP AP242です。STEP AP242は、AP203とAP214をマージし、さらにPMI、表示データ、同一性検証(変換保証)情報を付加した3D図面や長期保存に対応するフォーマットです。STEP AP242にはCADデータとの同一性検証(変換保証)機能があります。この同一性検証(変換保証)は、マスプロパティ情報でCADデータとSTEP AP242を比較します。比較には、世界標準として統一されたマスプロパティ計算、アルゴリズムで比較検証を行います。この3Dデータ長期保存はバッチ処理に対応しています。



3Dデータ長期保存の項目