3D図面の干渉チェック

3D図面の干渉チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D図面の干渉チェック

3D図面の干渉チェックについて

◆ データベースを活用した大容量データの接触を除外した高速干渉チェック

3D図面の干渉チェックは、手戻りを減らす重要な機能です。3D図面の干渉チェックは設計CADで完了させるのは難しい作業です。パーツはお互い接触して存在し、接触と干渉の区別はトレランスで運用している設計CADでは難しい問題となります。現在はDMUインスペクターが開発され、3D図面の成熟度を監視しています。成熟度の監視は、変更がある部品を自動的に干渉チェックして計算結果をアウトプットします。接触と干渉を区別し自動車1台分の1回目の3D図面の干渉チェックは、約8時間程度で完了するようにライセンス数を決めます。2回目以降は、データベースが作成されているため数十分で3D図面の干渉チェックが完了します。ゴムのパッキンやネジなどは、干渉するようなモデリングを行っていますが、1回目の干渉結果で計算結果から除外すれば、次の計算から自動除外されます。

3D図面の干渉チェック

◆ DMUインスペクターのサンプル動画

この干渉チェックは、マルチ3Dデータ間の干渉計算を高速に行います。干渉計算では接触部分を除外して干渉計算を行う必要がありますが、3次元CADではなかなか難しい問題です。この干渉チェックは、各部品を内側にトレランス分オフセットして干渉計算を行いますので接触部分は計算から除外され、致命的な干渉を抽出することが可能です。干渉チェックの特徴は、大容量マルチ3Dデータで干渉チェックができる、接触部分を除外した干渉チェックができる、結果の出力はHTMLレポートまたはPDFレポートがでます。

3D図面の干渉チェック

◆ DMUインスペクターの対象フォーマット

フォーマット 拡張子
3DEXPERIENCE *.3dxml
3DXML *.3dxml
CATIA V5 *.CATProduct、*.CATPart、*.cgr
CATIA V6 *.3dxml
Creo *.asm、*.prt、*.xas、*.xpr
JT *.jt
NX *.prt、*.jt、*.x_t、*.x_b
PLMXML *.xml
Proe *.asm、*.prt、*.xas、*.xpr
SolidWorks *.sldasm、*.sldprt、*.asm、*.prt、*.x_t、*.x_b
STEP *.step、*.stp、*.stpx、*.stpZ