簡易リバースエンジニアリング

簡易リバースエンジニアリング

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

簡易リバースエンジニアリング

簡易リバースエンジニアリング

◆ 簡易リバースエンジニアリングについて

3Dデータのファセット情報や表示情報をB-Repに変換する場合は、ファセット情報や表示情報をファセット構造の多面体として平面フェイスの集合体、ソリッド化、サーフェイス化します。3D Evolutionには、3Dデータのファセット情報や表示情報を取り込み、簡単な梱包形状を1クリックで作成する機能があります。ファセット情報や表示情報を変換する前に軽量化を行いたい時は、指定した誤差内でアウタートレランス形状を計算します。アウタートレランス計算により干渉チェックや梱包設計に悪影響を与えません。ファセット情報や表示情報を有効活用すると工数削減効果が見つけられるかもしれません。

簡易リバースエンジニアリング

◆ 簡易リバースエンジニアリングのイメージ

STLなどファセットデータやCGRなど表示データの簡易リバース変換は、ファセットデータの頂点を特殊な技術で軽量化を行い三角平面として変換します。この変換方法は、数秒で変換できますので近似曲面変換を行うリバースエンジニアリングより効率的で正確です。この方法は、医療や玩具、設備検討など様々な業種で使用されています。例えば工場のレイアウトを検討する場合、CTスキャンされたSTLデータを間引いてCADシステムに取り込んだり、輸送したいものをスキャンして梱包設計を行ったり、金型をスキャンして設計データと比較したりします。

簡易リバースエンジニアリング

STLデータの軽量化の方法

◆ 点を間引く方法

点を間引く方法は、オリジナルの形状との許容誤差を指定して点を自動的に間引きます。この方法は、形状を重視して点を間引きますのでSTLデータとして利用目的を満足させることができます。形状はアウタートレランスで計算されます。

元データ 軽量化データ
1.4M 0.8M
簡易リバースエンジニアリング

◆ シュリンクラップで点群データを包む方法

ラップ形状で包む方法は、複数のSTLデータやB-Repをアウタートレランス計算によるラップ形状で包んでソリッド化します。例えばエンジンルームを包みこんでソリッド化することで熱流体解析の熱源にすることが可能です。このラップ形状は非常に軽量化されますので工場のレイアウト検討も可能です。

元データ 軽量化データ
253.7M 22.9M
簡易リバースエンジニアリング

STLデータの軽量化の用途

◆ 工場のレイアウト検討

CADで設計された車のフルアセンブルデータをシュリンクラップで包み込み、車両1台分の外観形状のみの軽量化されたSTLデータの計算を可能です。計算されたSTLデータを使用して工場のレイアウト検討が可能です。STLデータは軽量化されていますので複数台を並べて検討することができます。


◆ 美術品の梱包設計

美術品をスキャナーで測定し複数のSTLデータを出力します。出力された複数のSTLデータをシュリンクラップ形状で包み込むことで梱包空間を表す軽量化されたSTLデータを作りだすことができます。このSTLデータを任意方向に投影する投影面積で梱包形状を作り出すができます。