STLデータのCAD化

STLデータのCAD化

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

STLデータのCAD化

STLデータのCAD化とは

3D Evolutionは、STLデータをダイレクトに読込みます。読みこまれたSTLデータを許容誤差内で簡略しCAD化することが可能です。CAD化されたデータは、多面体となります。一般的にリーバースエンジニアリングは、近似された面データを作成し設計データ化しますが3D Evolutionは平面の集合体になります。主な用途は、ルアー、宝飾品、人口骨・解析・梱包設計のデータ化です。このCAD化処理は高速にSTLデータと誤差が少ない3Dデータを作成することができます。

リバースエンジニアリング

STLデータのCAD化の特徴

▼ 大容量STLデータを高速読込み

▼ 許容誤差内でSTLデータを簡略化

▼ 任意のフォーマットに変換可能

▼ 平面を合成し1面化可能


STLデータのCAD化の実行例

STLデータを0.05mm以内の誤差で簡略化してSTEPデータに変換しています。