資料のダウンロード

資料のダウンロード

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

資料のダウンロード

資料のダウンロードについて

海外の3D図面情報に関する動向とその利用状況について、特に欧米の先進的な事例に焦点を当てて説明します。3D図面は、従来の2D図面に代わり、設計、製造、検査、保守に至るまでの多くの分野で広く活用されており、その利便性と効果が認識されています。

欧州の3D図面標準化とその応用

欧州では、3D図面の標準化が進んでおり、特に航空宇宙産業と自動車産業での利用が顕著です。航空宇宙業界では、LOTAR(Long Term Archival and Retrieval)プロジェクトがSTEP AP242規格を採用しており、設計プロセスの効率化とデータの再利用性を大幅に向上させています。例えば、エアバスは2018年に設計データの出力をSTEP AP242規格に統一し、紙の図面を廃止しました。この規格は、旅客機の設計データを最長55年間保存する必要がある航空宇宙産業にとって非常に重要です。データ変換の品質はPDQ-S基準に従い、変換時の誤差はマスプロパティ計算で検証されます。

自動車産業においても、ドイツ自動車工業会(VDA)が主導する標準化が進められています。ドイツでは、STEP AP242とJTフォーマットを組み合わせて使用し、CADデータの相互運用性を確保しています。これにより、設計データの一貫性と正確性が向上し、製造プロセスの効率化が実現されています。

米国の3D図面の利用

米国では、3D図面の利用がデジタルトランスフォーメーションの一環として積極的に進められています。製造業の多くの企業が3D CADデータを活用して、設計から製造までのプロセスを統合しています。例えば、ロッキード・マーチン社はF-35戦闘機の開発において、3D図面を利用して設計データの正確性と一貫性を確保しています。高度なCADデータ管理ツールを使用して、異なるCADシステム間でのデータ互換性を確保し、設計のミスを最小限に抑えています。

3D図面の利点と課題

3D図面の利点は、多岐にわたります。まず、設計の視覚化が容易になるため、エンジニアやデザイナーが製品の形状や構造を直感的に理解できます。また、3D図面は製造情報を直接埋め込むことができるため、製造プロセスの一貫性と正確性が向上します。さらに、3D図面を利用することで、設計変更や修正が迅速に行えるため、製品開発のスピードが向上し、市場投入までの時間が短縮されます。

一方で、3D図面の利用にはいくつかの課題もあります。まず、データの互換性と変換の問題があります。異なるCADシステム間でのデータ変換が正確に行われないと、設計データの一貫性が失われる可能性があります。これに対処するために、国際標準化機構(ISO)の規格や業界標準を遵守することが重要です。また、データの長期保存と管理も課題です。技術の進化に伴い、古いシステムで作成されたデータを新しいシステムで正確に解釈することが難しくなるため、適切なデータ保存戦略が求められます。

結論

3D図面の利用は、製造業のデジタルトランスフォーメーションと効率化において重要な役割を果たしています。欧州や米国における先進的な事例は、3D図面の標準化と利用の成功を示しており、他の地域や産業にとって参考になるモデルとなっています。3D図面を効果的に活用することで、製品開発の効率と品質を向上させ、競争力を高めることが可能です。これにより、製造業界全体の革新と成長が促進されることが期待されています。

2024.5

▼ DXリスキリング: 日本が知らない3DAモデル

資料
2018.7

▼ 3DAモデルの国際標準化

資料
2015.11

▼ 3DAモデルの軽量化とIPプロテクション

資料
2015.11

▼ エアバス社の長期保存エンジン

資料
2015.1

▼ ダイムラー社の3DAモデル変換エンジン

資料
2014.12

▼ 3DAモデルの干渉チェック:DMUインスペクター

資料

2023年12月