体験版ライセンス申請

体験版ライセンス申請

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

体験版ライセンス申請

体験版ライセンス申請について

体験版ライセンス申請は、3D Evolution、3D Analyzer、4D Additiveのような高度なソフトウェアツールの機能を試すための重要なステップです。このプロセスを通じて、ユーザーはソフトウェアの実際の使用感や機能を評価し、導入の判断材料とすることができます。

3D Evolutionの体験版ライセンス申請では、データ変換やジオメトリ修復、モデル検証などの高度な機能を実際に操作してみることができます。このツールは、複雑なデータの変換や修復、最適化を自動化するため、製品設計から製造までのプロセスを効率化するために役立ちます。

3D Analyzerの体験版ライセンス申請は、CADデータの品質チェックや干渉チェック、製造情報の管理など、設計と製造プロセスにおけるデータ検証機能を体験する機会を提供します。このソフトウェアは、設計段階での問題を早期に発見し、修正するために不可欠なツールです。

4D Additiveの体験版ライセンス申請では、3Dプリンティングのための最適化機能を試すことができます。このツールは、2Dおよび3Dネスティング機能を利用して材料使用量を削減し、プリントエラーを最小限に抑えることで、効率的な3Dプリンティングを実現します。

体験版ライセンスを申請することで、ユーザーはこれらのソフトウェアの特長を実際に操作しながら学ぶことができ、自社のニーズに最適なソリューションを見つけることができます。これは、ソフトウェア導入の前にその価値を確認し、確信を持って投資するための重要なプロセスです。

2024年03月

◆ STEP1:弊社HPからダウンロード

弊社では、3D Evolution、3D Analyzer、「4D Additive」の3つの先進的なソフトウェアを提供しております。これらのソフトウェアをご利用いただくためには、まず弊社のホームページからインストーラーをダウンロードしていただく必要がございます。各ソフトウェアは、ユーザーに特有の機能と特徴を提供し、3Dデータの変換、解析、および3Dプリンティングの準備において、優れた性能を発揮します。

ダウンロードの手順は以下の通りです。まず、弊社ホームページにアクセスし、「ダウンロード」セクションを見つけます。そこには、各ソフトウェアのダウンロードリンクが設置されており、ユーザーは指示に従って必要なインストーラーをダウンロードできます。このセクションには、各ソフトウェアの詳細な説明と利用方法、システム要件なども記載されておりますので、ご確認ください。

ダウンロードが完了したら、次にインストーラーを実行し、ソフトウェアをインストールします。インストールの際には、画面の指示に従って進めることで、簡単にソフトウェアを設定できます。インストールが完了した後、ソフトウェアを初めて起動する際に、ライセンスキーの入力を求められます。ライセンスキーは、弊社から提供されたメールに記載されていますので、そちらをご確認ください。ライセンスキーを入力し、認証が完了すると、ソフトウェアの利用が可能になります。

3D Evolutionは、3Dデータの変換と最適化を専門とし、複雑なデータセットの処理を効率化します。3D Analyzerは、3Dモデルの詳細な解析機能を提供し、設計検証や品質管理に不可欠なツールです。「4D Additive」は、3Dプリンティングの準備と最適化に特化しており、プリントプロセスの効率化と高精度なプリントを支援します。

各ソフトウェアの機能を最大限に活用することで、ユーザーは設計プロセスの効率化、品質向上、コスト削減を実現できます。これらのソフトウェアは、それぞれの分野での専門知識と高度な技術を融合し、ユーザーのニーズに応えるために設計されています。ダウンロードとインストールの手順を正確に踏むことで、ユーザーはスムーズにソフトウェアを使用開始でき、その高度な機能を実感していただけます。

2024年03月

◆ STEP2:インストラーの実行

インストーラーをダウンロードして実行すると、ソフトウェアのインストールが始まります。このインストーラーには、「Code Meter」というライセンス管理用のプログラムが含まれており、ソフトウェアのライセンスを管理・保護し、正規使用を保証するための重要な機能を担っています。インストールプロセス中には、画面に表示される指示に従って、ユーザー名やインストール先ディレクトリなどの必要情報を入力してください。

インストール手順は次のように進行します。まず、インストーラーを起動すると、使用許諾契約書が表示されます。契約書の内容を確認し、同意する場合は「同意する」を選択します。次に、インストール先ディレクトリの選択画面が表示されます。デフォルトのインストール先が指定されていますが、必要に応じて変更することも可能です。

次に、ユーザー名や組織名の入力を求められます。これらの情報は、ライセンス管理のために使用されますので、正確に入力してください。入力が完了したら、「次へ」ボタンをクリックしてインストールを続行します。

インストールプロセス中に、「Code Meter」のインストールが自動的に開始されます。Code Meterは、ソフトウェアのライセンス管理と保護を行うための重要なプログラムです。これにより、ソフトウェアの不正使用を防止し、正規のライセンスを持つユーザーのみが利用できるようにします。

インストールが完了すると、確認メッセージが表示されます。ここで「完了」ボタンをクリックすると、インストールプロセスが終了し、ソフトウェアが使用可能になります。ソフトウェアを初めて起動する際には、ライセンスキーの入力を求められます。ライセンスキーは、購入時に提供されたものであり、これを正確に入力してライセンス認証を完了させます。

認証が完了すると、3D Evolution、3D Analyzer、「4D Additive」の各ソフトウェアが正式に使用可能となり、それぞれの高度な機能をフルに活用することができます。これらのソフトウェアは、3Dデータの変換、解析、プリンティング準備において高い性能を発揮し、ユーザーの業務効率を大幅に向上させます。

このように、インストーラーのダウンロードからインストール、ライセンス管理までの一連の手順を正確に踏むことで、ユーザーは弊社のソフトウェアを安全かつ効果的に使用することができ、製品の機能を最大限に引き出すことが可能となります。

2024年03月

◆ STEP3:ライセンスサーバの実行

インストールプロセスの一環として、インストーラーに含まれる「ライセンスサーバ」が実行されることで、「Code Meter」がユーザーのコンピューターに導入されます。これは、ソフトウェアのライセンス管理システムを構築する上で欠かせない手順です。このプロセスは通常、自動的に行われることが多いですが、場合によってはユーザー自身が手動で操作する必要が生じることもあります。しかし、このプロセスは通常、ユーザーにとってほとんど気づかれることはなく、専門的な知識を必要としないため、誰でも容易に実行することができます。

具体的な手順として、インストーラーを実行すると、最初に「ライセンスサーバ」のセットアップが開始されます。この段階で、「Code Meter」がシステムにインストールされ、ライセンス管理の基盤が構築されます。「Code Meter」のインストールは一回のみの操作で済み、その後のソフトウェアの利用においては再度インストールする必要はありません。

「Code Meter」のインストールが完了すると、ソフトウェアのライセンス認証が行われます。ユーザーは提供されたライセンスキーを入力し、ライセンスの有効性を確認します。このプロセスにより、ソフトウェアの正規使用が保証され、不正利用を防止します。ライセンス認証が成功すると、ソフトウェアは使用可能な状態となり、ユーザーはその機能をフルに活用することができます。

また、「Code Meter」の導入により、ソフトウェアのライセンス管理が一元化され、複数のライセンスを持つ場合でも簡単に管理することが可能となります。これにより、ライセンスの追跡や更新が容易になり、企業全体でのライセンスコンプライアンスを確保することができます。

さらに、「Code Meter」は、ライセンスの使用状況をリアルタイムで監視し、異常な使用や不正アクセスを検出する機能も備えています。この高度なセキュリティ機能により、ソフトウェアの利用が常に適正に行われていることを確認できます。

このように、3D Evolution、3D Analyzer、「4D Additive」のインストールプロセスにおける「Code Meter」の導入は、ソフトウェアのライセンス管理を効率化し、セキュリティを強化するために重要なステップです。ユーザーは、これらの手順をスムーズに実行することで、安心してソフトウェアを利用し、その高度な機能を最大限に活用することができます。

2024年03月

◆ STEP4:クラウドライセンスの適用

「CodeMeter」をインストールされているお客様にお知らせします。弊社のソフトウェアをご使用いただくためには、クラウドライセンスの適用が必要です。このライセンスは使用権を証明するデジタルキーとして機能し、ライセンスキーの入力やオンライン認証を通じて適用されます。クラウドライセンスの適用方法は以下の通りです。

まず、「CodeMeter Control Center」を開いてください。次に、画面上部の「ファイル」メニューから「ライセンスのインポート」を選択します。これにより、ライセンスキーの入力画面が表示されます。提供されたライセンスキーを正確に入力し、「OK」ボタンをクリックします。ライセンスキーの入力が完了すると、オンライン認証プロセスが自動的に開始され、クラウドライセンスが適用されます。

このクラウドライセンスは毎月1日の午前9時から月末の午前9時まで有効です。ソフトウェアの使用を継続するためには、期間終了後に新しいライセンスを適用する必要があります。ライセンスの更新プロセスはソフトウェアの安全性を維持し、常に最新の状態で使用できるようにするために重要です。定期的なライセンスの更新により、セキュリティが強化され、最新の機能やアップデートが反映されることで、安心してソフトウェアを使用することができます。

ライセンスの適用に際しては、特別な技術的知識は必要ありません。すべての手順はユーザーフレンドリーに設計されており、誰でも簡単に実行できます。このプロセスを確実に完了することで、ソフトウェアの正規使用が保証され、不正利用を防止することができます。また、ライセンスの管理が一元化されることで、複数のライセンスを持つ場合でも容易に追跡・更新することが可能となります。

お客様には、この重要なプロセスを確実に実行していただくようお願い申し上げます。常に最新のライセンス状態でソフトウェアをご使用いただくことで、業務の効率化と製品の効果的な活用が実現します。ライセンス管理に関してご不明点やご質問がある場合は、弊社のサポートチームまでお気軽にお問い合わせください。お客様の満足度を高めるため、迅速かつ丁寧なサポートを提供いたします。

2024年03月

◆ 体験版ライセンス申請フォーム

本文は、ドイツのCT Core Technologie社が提供する体験版ライセンスについて説明しています。この体験版ライセンスを使用するためにはインターネット接続が必要であり、ライセンス認証やソフトウェア機能へのアクセスがインターネットを通じて行われることを意味します。この種のライセンスは、通常、ソフトウェアの試用期間において限定的な機能へのアクセスを提供し、ユーザーが製品の機能を十分に評価できるように設計されています。

具体的には、体験版ライセンスを利用する際には、まずCT Core Technologie社のウェブサイトからソフトウェアのインストーラーをダウンロードします。ダウンロードが完了したら、インストーラーを実行してソフトウェアをインストールします。インストール時には、ユーザー名やインストール先ディレクトリの指定、そしてライセンスの認証が必要です。ライセンス認証は、インターネット経由で行われ、提供されたライセンスキーを入力することで認証が完了します。

インストールプロセスには、ソフトウェアのライセンス管理を行う「CodeMeter」のインストールが含まれています。CodeMeterは、ライセンスの管理と保護を行い、正規のライセンスを持つユーザーのみがソフトウェアを利用できるようにします。このプロセスは、ユーザーがソフトウェアの使用権を確認するための重要なステップであり、ライセンスの適用が成功すると、ソフトウェアの全機能にアクセスできるようになります。

体験版ライセンスの使用期間中、ユーザーはソフトウェアの基本機能と一部の高度な機能を試すことができます。この試用期間は、通常、特定の期間に限定されており、その期間内にソフトウェアの性能や使い勝手を評価することができます。試用期間が終了すると、ユーザーは製品版のライセンスを購入するか、体験版の機能が制限されることがあります。

この体験版ライセンスの利用は、製品の購入前にソフトウェアの機能を確認するための重要な手段となります。ユーザーは、実際の業務においてソフトウェアがどの程度役立つかを判断でき、導入の決定を行う際に有益な情報を得ることができます。CT Core Technologie社が提供する体験版ライセンスは、このような評価プロセスを支援し、ユーザーが製品の価値を最大限に理解できるように設計されています。

▼ 体験版ライセンス申請フォームへ移動

2024年03月