体験版・製品版ダウンロード

体験版・製品版ダウンロード

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

体験版・製品版ダウンロード

体験版・製品版ダウンロードについて

ヨーロッパにおける3D図面の利用とその標準化は、ISOの進展と密接に関連しています。特に、航空宇宙業界における標準化の取り組みは顕著であり、その一例がLOTAR(Long Term Archival and Retrieval)によるSTEP AP242規格の採用です。この規格は、設計プロセスの効率化とデータの再利用性を大幅に向上させることを目的としています。例えば、エアバス社は2018年に設計データの出力をSTEP AP242規格に切り替え、紙の図面を完全に廃止しました。航空宇宙産業では、旅客機の設計データを最長55年間保存する必要があるため、この規格の導入は非常に重要です。

STEP AP242規格の導入により、設計データの一貫性と精度が向上し、データ変換の品質はPDQ-S(Product Data Quality for Shape)基準に従って厳密に検証されます。変換時の誤差は、マスプロパティ計算によって検証され、設計データの精度が保証されます。

3D Evolution、3D Analyzer、「4D Additive」などのツールは、この標準化とデジタル化を強力に支援しています。これらのツールは、CADデータの活用や検証、3Dプリンティングのプロセスを支援し、設計から製造までの各プロセスを効率化します。具体的には、CADデータの変換や検証、3Dモデルの解析、3Dプリンティングの準備といった多様な機能を提供し、製品開発サイクル全体での品質向上とコスト削減に貢献します。

さらに、これらのツールは、体験版と製品版に機能面で差がなく、有効ライセンス期限のみが異なるため、ユーザーは安心して試用できる環境が整っています。これにより、企業は新しい技術をリスクなく評価し、最適なツールを選択することが可能です。

このように、ヨーロッパの航空宇宙業界での3D図面利用と標準化の取り組みは、製造業のデジタルトランスフォーメーションに大きく貢献しています。デジタル化と標準化により、設計プロセスの効率化、データの一貫性と再利用性の向上が実現し、企業の競争力が強化されます。結果として、製品の品質が向上し、開発コストが削減され、製造業界全体の効率が向上します。

2024年03月

◆ インストラーのダウンロード

2024年03月