差分干渉チェック

差分干渉チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

差分干渉チェック

差分干渉チェックとは

Enterprise Data Manager(EDM)は、マルチCPUおよび複数のサーバー間でCAD 差分干渉チェックを並列分散処理で行うことが可能です。3次元設計の最大メリットは、干渉チェックです。しかしながら現実は、接触と干渉の区別が難しい上にビッグ 差分干渉チェックはできません。EDMの干渉チェックは、高度なバイナリー解析技術で高速にビッグデータを読み込み、アウタートレランスのバウンダリーボックスを作成し干渉の可能性があるパーツをデータベース化して干渉チェックを行います。差分干渉チェックでは、設計変更があったパーツを自動検知して干渉チェックを日々行うことが可能です。ボルトやパッキン形状のように干渉が当たり前のパーツは、干渉パーツリストから除外することで次回の干渉チェックで演算が除外されます。EDMは、世界最速の干渉チェックシステムです。

干渉チェック

差分干渉チェックの実行例

差分干渉チェック

▼ ジェットエンジンデータの実行結果

jetエンジン干渉

差分干渉チェックの特徴

▼ 大容量アセンブリデータに対応

▼ 接触部分と干渉部分を自動認識

▼ データベースにより位置変更、形状変更は差分干渉チェックで高速処理

▼ ネジ、パッキンは、リストからまとめて計算除外指定

▼ 複数ライセンスによるパラネル処理が可能


差分干渉チェックのイメージ

干渉チェック時間

高度な近傍検索

近傍検索エンジンは、3Dデータをアウタートレランス計算でボクセルデータ化してデータベースに登録します。アウタートレランスのボクセル化は、CT Core Technologie社の独特の技術です。一般的なインナートレランスでは、本来の形状より内側にボクセルデータが生成されるため干渉を見逃す危険があります。登録されたボクセルデータで近傍検索を行い近傍データ情報もデータベースに登録されます。このボクセル化アルゴリズムは、製品データの梱包空間を計算する時にも用いられ高速にボクセル化します。

近傍検索

入力インターフェイス

インターフェイス 拡張子 バージョン
STEP *.stp
*.step
*.stpx
*.stpZ
AP203
AP214
AP242
CATIA V5 *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
R10-R27
Creo *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
All-Creo4.0
NX *.prt 11.1-NX11.0
Proe *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
13-WF5
PLMXML *.xml 4-6
SolidWorks *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
1999-2017