輪郭加工(3Dモード)

輪郭加工(3Dモード)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

輪郭加工(3Dモード)

輪郭加工(3Dモード)とは

hyperMILLの輪郭加工(3Dモード)は、3Dデータの形状を認識して輪郭加工パス計算を行うため工具干渉やホルダー干渉が行えます。Z方向の繰り返し加工と底面では輪郭オフセット加工を行うことが可能です。出力されるデータは、最終形状と接触しないパスや材料の範囲外のパスは自動的に削除され無駄な動作が省かれます。省かれた場合は、G00で回避で回避動作を行いますが指定された距離が短い場合はG01でパスは接続されます。

輪郭加工

輪郭加工の特徴

▼ 加工パターン

● 複数の輪郭が指定可能です。
● 高さ方向と輪郭方向の繰り返し加工が可能です。

輪郭加工
【大きな工具で輪郭加工を行い削り残し部分を小さな工具で加工】
輪郭繰り返し加工 Z方向繰り返し加工
【輪郭方向の繰り返し加工】 【Z方向の繰り返し加工】

▼ 使用可能な工具

ボールエンドミル フラットエンドミル ブルノーズ 面取り
ボールエンドミル フラットエンドミル ブルノーズ 面取りツール
T-スロットル
Tスロットル

▼ 輪郭タブ

項目 内容
● 輪郭 ● 複数の輪郭を選択できます。
● 上面 ● 輪郭からの距離が指定可能です。
● フレームの絶対値で指定可能です。
● 輪郭上を指定可能です。
● 底面 ● 輪郭からの距離が指定可能です。
● フレームの絶対値で指定可能です。
● 輪郭上を指定可能です。
● 上面からの相対値指定が可能です。
● 開始点 ● 加工の開始点を指定できます。
● 終了点 ● 加工の終了店を指定できます。
● アプローチ点 ● バカ穴等のアプローチ位置を指定できます。
● 反転 ● 開始点、終点の反転が可能です。
● オーバラップ ● 開始点、終了点が一致する場合はラップ加工が可能です。

▼ パラメータタブ

項目 内容
● 工具位置 ● 輪郭線上/右/左
● パス補正 ● 工具中心/工具径補正
● 切り込み設定 ● Z方向の切り込み量を指定
● 一方向加工/ジグザグ加工の指定
● 削り残し量 ● Z方向の削り残し量を指定します。
● 輪郭方向の削り残し量を指定します。
● リンク移動範囲 ● 輪郭方向の繰り返し加工を指定します。
● 輪郭方向のオフセット量を指定します。
● ピッチを工具径で指定します。
● リトラクトモード ● クリアランス平面/クリアランス距離を指定します。
● 内部コーナー ● コーナーにフィレットRを挿入
● コーナーで減速
● オプション ● アプローチ点へ強制的に戻します。
● 底面から上面への加工を指定します。

▼ アプローチ/エスケープ/リターンタブ

アプローチ 内容
● 垂直 ● 直角侵入距離を指定します。
● 接線 ● 接線侵入距離を指定します。
● 1/4円弧 ● 半径を指定します。
● 追加として接線距離を指定します。
● 1/2円弧 ● 半径を指定します。
● 追加として接線距離を指定します。
● 傾斜 ● 傾斜侵入距離を指定します。4
● なし

エスケープ 内容
● 垂直 ● 直角逃げ距離を指定します。
● 接線 ● 接線逃げ距離を指定します。
● 1/4円弧 ● 半径を指定します。
● 追加として接線距離を指定します。
● 1/2円弧 ● 半径を指定します。
● 追加として接線距離を指定します。
● なし

輪郭延長 内容
● 開始 ● 開輪郭の開始点に延長距離を入力します。
● 終了 ● 開輪郭の終了点に延長距離を入力します。