削り残し部加工

削り残し部加工

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

削り残し部加工

削り残し部加工とは

hyperMILLの5軸削り残り部加工は、立ち壁エリアあるいは、平面エリアのみの加工や溝彫り、ペンシル加工などの3軸削り残り部加工のすべてのオプションを5軸加工で利用できます。

5軸 削り残し部加工

削り残し部加工の実行例

削り残し部加工

削り残し部加工の特徴

▼ 工具

● ボールエンドミル ● フラットエンドミル ● ブルノーズ ● ティアドロップ
×
ボールエンドミル フラットエンドミル ブルノーズ ディアドロップ
● 汎用バレル工具 ● 接線バレル工具 ● テーパバレル工具 ● ラフウッド
× × × ×
汎用バレルカッター 接線バレルカッター テーパバレルカッター ラフウッド

▼ 加工ストラテジー

● 加工パターン ● 仕上げ加工で残った隅部を加工します。
● 工具径を指定し理論的な削り残し部分を計算します。
● 高速加工に対応しています。
● 加工方法
加工領域 パスの概要
● クローズ領域 ● 工具が未到達な領域です。
● オープン領域 ● 工具が到達している領域です。
加工モード パスの概要
● 荒加工と仕上げ ● クローズ領域の加工では荒取りが有効です。
● 仕上げ ● オープン領域は仕上げ加工が有効です。
Z方向加工モード パスの概要
● Zレベル ● 等高線加工です。
● パラレル ● 上下方向の均等加工です。
● ノーマル ● 水平方向の均等加工です。
● 加工範囲
パラメータ 内容
● XY範囲 ● 輪郭カーブを指定します。
● 任意の投影軸が設定できます。
● Z範囲 ● 上限値が指定できます。
● 下限値が指定できます。
● 加工面 ● 加工面の指定をします。
● 回避面 ● 除外面の指定をします。
● マクロ
マクロ 指定内容
● アプローチ ● 工具軸

▼ 工具干渉について

● 停止 ● ホルダー干渉が発生するとツールパス計算が停止します。
● 干渉位置までのパスは出力されます。
● クリップ ● ホルダー干渉の発生しない範囲だけが出力されます。
● 出力されない部分は工具を変更してリワークで出力されます。
● 干渉回避 ● 傾斜付き工具の干渉チェックを行います。