hyperMILL

hyperMILL

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

hyperMILL

hyperMILLについて

◆ hyperMILLの概要

hyperMILLは、航空宇宙産業の3D図面であるSTEP AP242に対応した3D図面用CAMソフトです。hyperMILLは、単純な形状だけでなく複雑な形状も効率的にプログラムできます。hyperMILLの広範に及ぶ加工方法を利用し、1回の段取りで加工対象を完全に加工できます。プロセスの統合化、合理化、処理時間の短縮・信頼性の向上などのメリットがあります。さらに、hyperMILLは、プログラミングの自動化、サイクルタイムの短縮、プロセスの最適化にいくつかのオプションを提供しています。例として、洗練されたフィーチャーテクノロジーおよびマクロテクノロジー、ミラーリングやトランスフォーメーションといった自動機能、ジョブリンクや製造モードなどの補助的に処理時間を最小限に抑える機能、および完全に自動化された工具の干渉チェックと干渉回避機能があります。また3D図面の効果を最大限に発揮するため、複合加工(旋盤と5軸加工の組合せ)や積層加工(3Dプリンターと5軸加工の組合せ)により従来は、複数の部品で出来上がっていた製品や性能上必要な形状なのに加工できないものを加工することが可能です。例えばクランクシャフト、エンジン、触媒などがあります。まずは、3D図面が支給された段階で部品加工、金型加工、複合加工、積層加工のうちコストや精度に合うものを選択することが可能です。設計から製造まで3D図面で制限を取り除いて繋げることでより精度アップ、コストダウンが実現できます。


◆ シングルブレード加工のイメージ

専用モジュール加工のシングルブレード加工のイメージです。専用モジュール加工では、計算に必要な部位を選択することで完璧な工具干渉を計算したパス計算を行います。

hyperMILL シングルブレード加工

◆ hyperMILLのフォーカス

hyperMILLの位置付けは、3D図面が支給された後の形状作成分野です。特に5軸加工が強いため加工軸の長さを短くすることが可能なため加工時間と加工精度を上げられます。金型分野においては、3軸加工と5軸加工の定義は殆どにていてオペレータに負担を掛けることなく制度の良い金型製作が可能です。最近、脚光を浴びているのが積層加工です。製品の試作による性能テストを行う場合に金型を必要とせず全て直彫り加工が可能となります。hyperMILLは、製造部のパフォーマンス向上による品質向上を行います。



◆ hyperMILLのカテゴライズ

hyperMILLは、単純な形状だけでなく複雑な形状も効率的にプログラムできます。hyperMILL®の広範に及ぶ加工方法を利用し、1回の段取りで加工対象を完全に加工できます。プロセスの統合化、合理化、処理時間の短縮・信頼性の向上などのメリットがあります。さらに、hyperMILLは、プログラミングの自動化、サイクルタイムの短縮、プロセスの最適化にいくつかのオプションを提供しています。例として、洗練されたフィーチャーテクノロジーおよびマクロテクノロジー、ミラーリングやトランスフォーメーションといった自動機能、ジョブリンクや製造モードなどの補助的に処理時間を最小限に抑える機能、および完全に自動化された干渉チェックと干渉回避機能があります。

ハイパーミル