株式会社デジタルシアター

株式会社デジタルシアター

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

株式会社デジタルシアター

デジタルシアターとは

株式会社デジタルシアターは、欧州の事例を元にPLM分野における3Dデータの有効活用を提案する会社です。欧州の3次元設計分野では、3次元データのフル干渉チェック、自動BOM生成を伴う3D図面出力または長期保存が行われています。製造分野では、バレルカッターを利用した高速・高精度加工や金属製品においては金型レスのものづくりが始まろうとしています。弊社のこだわりは、国内事例ではなく欧州事例における3Dデータ活用方法です。

PDQチェック

取り扱い製品

▼ 3Dデータ活用:3D Evolution

3D Evolutionは、3Dデータ変換エンジンとして殆どの欧州製造業で使用されています。最近の動向としては3D図面化が進むにつれ干渉チェック、3D図面への変換、変換保証、軽量化、機密保護化、長期保存の機能が拡充されています。3D Evolutionは、大規模干渉チェックにおいて、接触と干渉の区別、更に演算時間の問題を解決し自動車1台の干渉チェックではれば8時間程度で完了し自動BOM生成、3D図面出力が可能です。また長期保存ではISO STEP AP242の実装検証を行い変換保証も確立しています。STEP AP242による長期保存は、航空宇宙産業において運用が開始されています。

3Dデータ活用

▼ 3Dデータ検証: 3D Analyzer

3D Analyzerは、CT CoreTechnologie Groupが開発した3Dビューワをベースとした検証ツールです。解析内容としては、3Dデータのトポロジーチェック、PDQチェック、比較チェック、肉厚チェック、干渉チェック、隙間チェック、抜き勾配チェック、投影面積計算があります。特に3D図面の授受においては、3Dデータの品質を検証するPDQチェック、設計変更箇所を把握する3Dデータ比較は重要です。

3Dデータ検証

▼ 自動処理: Enterprise data Manager

Enterprise Data Manager(EDM)は、データ規模やユーザー数に制限なく3D_Evolutionを運用するWebベースインターフェイスです。WebブラウザからEDMを会社全体でご利用いただけます。海外のユーザーから依頼された変換ジョブはバッチで1つまたは複数の変換サーバーで行われます。大規模データの処理対応はマルチCPUおよび複数のサーバー間の並列分散処理で行うことが可能です。

DMU Collision Check

▼ 次世代CAM: hyperMILL

CAMの世界は、加工パターンから加工スピードへとシフトしています。hyperMILLのトロコイド状のツールパスは、きわめて高速な素材切削を保証します。バレルカッターを使用する革新的な加工手法は、記録的短時間での仕上げ加工を実現します。切削工具を傾斜させて穴あけ加工を行う加工モードでは、難削材に対する穴あけやポケット部の前加工を高速かつ容易に行うことができ、下穴加工さえも不要になります。hyperMILLは、従来と変わらぬ高い面品位を保ちながら加工時間の劇的な削減を実現します。CAMオペレーターは、加工対象を問わず工作機械から最大のパフォーマンスを引き出すことができます。

hyperMILL

3D Evolution/3D Analyzerカタログ

▼ 3D Evolutionパンフレット

▼ 3D Evolutionリーフレット(3D変換ツール)

▼ 3D Analyzerリーフレット


3D Evolution/3D Analyzer最新情報

▼ 2016SP2 Relese Note

▼ 2016SP2 Interface list

▼ 2016SP2 Plugin list

▼ 3D Evolutionのマニュアル(英文)


3D Evolutionチュートリアル

▼ ベーシック(変換・修正)

▼ 形状簡略化


hyperMILLカタログ

▼ hyperMILL 2D

▼ hyperMILL Classic

▼ hyperMILL EXpert

▼ hyperMILL 5AXIS

▼ hyperMILL Spacial


hyperMILL最新情報

▼ 2017-1 hyperMILL


PLMリポート(PDF)

2015年11月27日

▼ ビッグデータの軽量化

2015年11月27日

▼ エアバス社は長期保存エンジンに3D Evolutionを採用

2015年1月8日

▼ ダイムラー社はJT変換エンジンに3D Evolutionを認定

2014年12月3日

▼ ビッグデータの干渉チェック