株式会社デジタルシアター

株式会社デジタルシアター

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

株式会社デジタルシアター

株式会社デジタルシアターとは

株式会社デジタルシアターは、3D図面で先行しているドイツ自動車工業会の事例を元に3D図面活用による生産性向上を提案しています。例えばダイムラー社では、PLM2015プロジェクトによりインダストリー4.0の具現化が進み自動車の設計・製造コストが2016年に半減化し、余った工数をEV車開発に充てています。PLM2015プロジェクト成功の鍵は、3D図面としてJTフォーマットの採用、XML BOMの自動生成、JTフォーマットの単純化処理です。PLM2015プロジェクトの対象プロセスは、商品企画・デザイン・設計・実験評価・生産準備・部品調達・生産組立・物流があります。それらの工程で流通する3D図面をJTフォーマットの仕様を定義し、生産準備、生産組立、物流におけるJTフォーマット単純化処理による知財保護化と軽量化を行っています。特に梱包設計に於ける3D図面の軽量化は大幅な工数削減となります。ダイムラー社は、PLM2015プロジェクトで3次元CADに依存しない設計・製造プロセスを目指し、将来メイン3次元CADシステムを変更しても後工程に影響がことをCATIA V5からNXへ移行して確認しています。設計後の後行程は、すべてJTフォーマットで運用されているため3D図面出図でJTフォーマットを出力すれば全く影響はありません。設計・製造プロセスを現物ベースのシーケンシャルなプロセスから3D図面ベースのパラレルなプロセスにすることで大幅な生産性向上に繋がり、製品の更新サイクルへの追随性が高まります。弊社は、ダイムラー社のPLM2015プロジェクトを成功例を元に、生産性向上策のご提案を行っている会社です。

労働生産性グラフ

海外の3D図面活用レポート

海外の3D図面化、特にEUは、日本より遥か先を行っています。3D図面化は、テクノロジー的には問題ありませんが、日本の場合、製造業の紙図面の文化的問題により前進しません。ドイツ自動車工業会(以下VDA)は、3D図面としてJTフォーマットを決定しました。それにともないEUのソフトベンダーは、JTフォーマット対応を加速させています。但しJTフォーマットのBrepはパラソリッドのため曖昧表現が残り、長期保存には不向きとされています。そのためJTフォーマットのBrep表現をSTEP AP242へ移行する案が浮上しています。今現在、生産性を向上させるためには、下流行程に親和性の高いJTフォーマットがベストとの考えです。VDAでの3D図面化は、オリジナルの3次元CADデータではなくJTフォーマットが正です。例えばCATIA V5データをJTフォーマットに変換した場合、変換されたJTフォーマットを正としてCATIA V5との変換保証は行っていません。この考え方は、2次元図面を出図した場合に図面とCADデータの同一性検証は行っていないのと同じ意味です。VDAの3D図面は、完全に静的静的干渉チェックを終わらせて出図します。ところが3次元CADのテクノロジーだけでは、静的静的干渉チェックをクリアすることはできません。課題は、3Dデータの容量、接触と干渉の区別、計算時間です。EUが推奨する3D Evolutionの解決策は、3Dデータの容量問題は、バイナリー解析技術により高速にBrepを抽出で解決、接触と干渉の問題は、形状をマイナス方向に高速オフセットし接触を除外することで解決、計算時間は、データベースを活用し設計差分によ計算や分散処理によるパラレル計算で解決しています。高速オフセットは、自動車の複雑なプレス部品のオフセットを自動化しています。ダイムラー社は、3D図面化により製造工数は、現物有りきありきのシーケンシャルプロセスから3D図面有りきのパラレルプロセスへ移行し大幅な生産性向上が実現しました。生産性向上により余った工数でEV開発、それでも余ったら休暇となっています。金型加工、部品加工は、設計データに公差を考慮した3Dデータが必要ですし、組立てを行うロボット定義や梱包設計には、外形化された軽量データが必要となります。公差変更は、JTフォーマットに対するダイレクトモデリングで対応し、3Dデータの軽量化は、PDMのイベントをトリガーとする自動処理になっています。人工処理ではなく自動処理は、設計変更に強い設計・製造プロセスを構築します。

3D図面の効率化 3D図面の自動化
【3D図面の効率化】 【3D図面の自動化】

取り扱い製品

▼ 3D Evolution

3D Evolutionは、世界最高水準のバイナリー解析技術を基礎とするインターフェイスにより大容量3D図面データを高速に読取り、厚み付け、3D図面の静的干渉チェック、3D図面の軽量化、3D図面の長期保存変換、3D図面のBOM化でインダストリー4.0を推進しています。日本では、3次元CADが普及していますが、2次元図面と現物合わせが中心のプロセスが多いためボトルネックが多数存在します。製造工程は機械化が進んでいるため、機械加工の情報として軽量化された3D図面が必要です。日本では、その軽量化技術も遅れているために現物によるオフラインティーチングが盛んにおこなわれています。歩留まりの悪い形状の梱包設計も現物を測定して行っているケースもあります。3D Evolutionは、3D図面の外形化を自動で行うことにより軽量化された3D図面として製造工程や協調設計のボトルネックを解消し、日々の設計変更に伴う外形化を自動で行うことが可能です。

CATIA V5 ダイムラー JT 変換

▼ 3D Analyzer

3D Analyzerは、3D図面運用を目的として開発され、マルチCADフォーマットに対応したハイエンド3D図面ビューワです。3D図面の読込みは、世界最高水準のバイナリー解析技術を基礎とするインターフェイスにより大容量3D図面データを高速かつ正確に読み取ることが可能です。ノートPCでも軽量フォーマットに変換することなくダイレクトに自動車1台分のフルアッシー3D図面データを読み取ることが可能です。
3D Analyzerは、3D図面をを効率よく運用するため様々な検証機能があります。検証機能とは、トレランス検証、PDQチェック、3Dデータ比較、肉厚チェック、静的干渉チェック、クリアランスチェック、ドラフト解析、投影面積計算、分解組立検証、3D図面同一性検証、JTフォーマット・チェッカーです。検証結果は、3D PDFファイルとして保存すること簡単に共有化できます。3D Analyzerは、形状変換することなくBrep、テッセレーション、履歴情報をダイレクトに表示できる世界唯一無二の3D図面ビューワです。

3D Analyzer

▼ 3D_Addive

3D_Addiveは、3Dプリンター用のデータを作成する機能です。3D_Addiveは、3Dデータをダイレクトに読取り、肉厚チェック、厚み付け、余分なフィーチャーを除去してサポートを定義し任意のSTL、VRNL、AMF、3MF等任意の3Dプリンターフォーマットに変換します。

3d Addive

▼ hyperMILL

CAMの世界は、加工パターンから加工スピードへとシフトしています。hyperMILLのトロコイド状のツールパスは、きわめて高速な素材切削を保証します。バレルカッターを使用する革新的な加工手法は、記録的短時間での仕上げ加工を実現します。切削工具を傾斜させて穴あけ加工を行う加工モードでは、難削材に対する穴あけやポケット部の前加工を高速かつ容易に行うことができ、下穴加工さえも不要になります。hyperMILLは、従来と変わらぬ高い面品位を保ちながら加工時間の劇的な削減を実現します。CAMオペレーターは、加工対象を問わず工作機械から最大のパフォーマンスを引き出すことができます。

インペラ加工

3D Evolution/3D Analyzerの3D PDFレポートサンプル

3D PDFレポート出力機能は、3D Evolution、3D AnalyzerのVer4.1からの新機能です。3D PDFの読込みはAcrobat Readerで行います。オプションの「今回のみこの文章を信頼する」を行い、画像エリア部分をクリックすることで3D形状が表示されます。

肉厚チェック

▼ 肉厚チェックレポートの3D PDF

資料

▼ PDQチェックレポートの3D PDF

資料

▼ 3Dデータ比較レポートの3D PDF

資料

3D Evolution/3D Analyzerのカタログ

▼ 3D Evolutionパンフレット

資料

▼ 3D Evolutionリーフレット(3D変換ツール)

資料

▼ 3D Analyzerリーフレット

資料

3D Evolution/3D Analyzerの最新情報

▼ 2016SP2 Relese Note

資料

▼ 2016SP2 Interface list

資料

▼ 2016SP2 Plugin list

資料

3D Evolution/3D Analyzerのトレーニング資料

▼ 3D Evolution/3D Analyzerのチュートリアル

zip

▼ 3D Evolution/3D Analyzerの操作マニュアル

資料

海外の最新動向 について

2015.11

▼ 大容量データの軽量化

資料
2015.11

▼ エアバス社は長期保存エンジンに3D Evolutionを採用

資料
2015.1

▼ ダイムラー社はJT変換エンジンに3D Evolutionを認定

資料
2014.12

▼ 大容量データの静的干渉チェック

資料

hyperMILLカタログ

▼ hyperMILL最新情報

hyperMILLの新機能や改善点のカタログです。
資料
ハイパーミル最新情報

▼ hyperMILL 2D

このパッケージは、2軸半加工に適しています。ポケット加工や穴あけ加工に対応できるよう既存の加工機性能と制御サイクル向けの機能を備えています。 資料
2軸加工

▼ hyperMILL Classic

このパッケージは、2軸加工と3軸部品加工に適しています。効率的なプログラミングを実現する多くの機能を提供しています。最適化機能により、ユーザーの加工要件に対し高い精度での加工を実現します。 資料
3軸加工

▼ hyperMILL Expert

このパッケージは、2軸、3軸をはじめ高速加工、高硬度素材加工に適しています。標準的な加工手法だけでなく特殊な加工手法も提供しています。また各種最適化機能によりユーザーはカスタマイズした加工条件を定義できます。 資料
3軸加工

▼ hyperMILL 5AXIS

このパッケージは、深いキャビティや高さのある立ち壁、アンダーカットなどの加工が複雑な形状は、加工エリアを正確に定義し、多くの工具軸を設定する必要があります。これにより5軸加工の際に起こり得る干渉を回避できます。金型の5軸加工や航空部品の加工に適しています。 資料
5軸加工

▼ hyperMILL Spacial

このパッケージは、インペラー、ブレード、チューブ、タイヤなどの形状は、標準的な加工手法では対応できない特殊な加工条に対応しています。専門知識がなくても簡単に利用できます。

▼ ブレードパッケージ

ブレード加工

▼ チューブパッケージ

チューブパッケージ

▼ インペラーパッケージ

インペラ加工

▼ タイヤパッケージ

タイヤパッケージ
資料