デジタルシアター

デジタルシアター

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

デジタルシアター

株式会社デジタルシアターとは

株式会社デジタルシアターは、3D図面で先行しているドイツ自動車産業の事例を元に3D図面活用による生産性向上を提案しています。3D図面化でハードルが高い領域は干渉チェックやBOMの作成です。ドイツ自動車産業では、接触を除外した自動車1台分の設計差分による干渉チェックを夜間に実行し設計データの成熟度を監視しています。設計データが成熟したら3D図面としてアセンブルはXML BOM、形状はJTフォーマットを出力しています。製造要件の付加は、ダイレクトモデリング手法で行います。また後行程に必要なJTフォーマットの軽量化は、自動的に外観形状を抽出し軽量化することでロボティクスや梱包設計に効果があります。航空宇宙産業では、3D図面としてアセンブルはXML BOM、形状はSTEP AP242フォーマット出力を行い、3D図面と長期保存を兼ねています。ドイツ自動車産業や航空宇宙産業の長期間、安定した3D図面化を行うには、3D-CADライセンスに依存しないでCADデータを読取る技術、バイナリー解析技術が必要不可欠です。

生産性グラフ

ヨーロッパの3D図面活用

3D図面化は、航空宇宙産業のエアバス社、ドイツ自動車産業のダイムラー社を中心に発達しています。エアバス社は、ISO STEP AP242フォーマットで3D図面運用を行い、そのまま55年体制の長期保存化を行っています。ダイムラー社は、JTフォーマットで3D図面運用を行い、そのまま25年体制の長期保存を行っています。3D図面変換時における3次元CADデータとの同一性検証は、STEP AP242の場合、STEP AP242に元データの要素情報(長さ、面積、体積)を記録してSTEP AP242の幾何情報と比較することで同一性検証を行います。JTフォーマットは同様な機能がないため変換されたJTフォーマットをマスターデータとして運用しています。

インダストリー4.0
2015.11

▼ 大容量データの軽量化

資料
2015.11

▼ エアバス社は長期保存エンジンに3D Evolutionを採用

資料
2015.1

▼ ダイムラー社はJT変換エンジンに3D Evolutionを認定

資料
2014.12

▼ 大容量データの干渉チェック

資料