干渉チェック

干渉チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

干渉チェック

干渉チェックについて

干渉チェックは、高度なバイナリー解析技術により、ダイレクトにマルチ3Dデータを読取り、接触部分を除外した干渉チェックを実行します。設計CADでは、接触部分を除外した干渉チェックは、設計CADのトレランス計算上、難しい処理です。この干渉チェックは、高速オフセット計算により、各パーツを重心方向にトレランス分だけ形状を小さくして干渉チェックを行うため、接触部分を除外し致命的干渉を検出することが可能です。3次元CADで設計する最大限のメリットは形状の干渉チェックです。この干渉チェックは、3D Evolutionと3D Analyzerの共通機能です。また3D Evolutionには、設計差分データの干渉チェックを3Dバッチ処理で行うDMUインスペクターがあります。計算結果は、PDFに保存可能で情報は共有できます。

干渉チェック

干渉チェックのサンプル

■ 干渉パーツの抽出

検出された干渉は干渉ラインとして赤い曲線で表示されます。その曲線を選択して単独表示することで干渉しているパーツのみ表示可能です。

3Dデータ 干渉チェック

DMUインスペクターのサンプル

■ 3D図面化のキーファンクション:DMUインスペクター

DMUインスペクターは、設計差分による干渉チェックが可能です。設計差分の検証は、アウタートレランスで計算されたバウンダリーシェイプ作成し、最初はバウンダリーシェイプで干渉が発生しているか否かを高速に確かめます。干渉が発生している場合はリアルな3Dデータをトレランス分オフセットして接触を除外した干渉計算を行います。干渉がある部品はブラウザー上で3D表示されます。3D表示された形状に対してこの干渉ケースは次回から計算除外の指定をすると次回から計算除外されます。ボルトとネジの組み合わせは、同様なケースの組み合わせすべてが除外されます。特殊な技術はアウタートレランスによるバウンダリーシェイプ計算と高速な形状オフセットです。それらの技術によりDMUインスペクターは成立しています。

干渉チェック
干渉チェック

■ DMUインスペクターの対象フォーマット

フォーマット 拡張子
3DEXPERIENCE *.3dxml
3DXML *.3dxml
CATIA V5 *.CATProduct、*.CATPart、*.cgr
CATIA V6 *.3dxml
Creo *.asm、*.prt、*.xas、*.xpr
JT *.jt
NX *.prt、*.jt、*.x_t、*.x_b
PLMXML *.xml
Proe *.asm、*.prt、*.xas、*.xpr
SolidWorks *.sldasm、*.sldprt、*.asm、*.prt、*.x_t、*.x_b
STEP *.step、*.stp、*.stpx、*.stpZ