生技性チェック

生技性チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

生技性チェック

生技性チェックについて

◆ 概要

生技性チェックは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータ(インプット情報)を読取り、生技性チェックを行います。生技性チェックは、ボディ内のボスやリブ間距離や穴の位置関係で加工上不都合な形状部分を、距離値によってグラデーション表示します。エンジンのシリンダーブロックは複雑な形状です。そのような複雑な形状の生技性チェックは、問題がない面を半透明や非表示にして内部に隠された問題点を表示する必要があります。生技性チェックは、問題ない面を半透明や非表示にしたり、または断面カットにより細部に渡り問題点を簡単に検証することが可能です。インダストリアル4.0では、3Dデータを設計から製造、物流など幅広く運用しています。製造現場では、設計から頂いた3Dデータを自分達の現場の加工仕様に合っているかどうかを検証する必要があります。3Dデータを有効に使いコスト削減を行うには、高度な検証作業を1クリックで行う必要があります。3D Evolutionは、インターフェイスや3Dデータ検証機能がオプションですが、3D Analyzerは、マルチインターフェイス、マルチ3Dデータ検証のため大幅なコストダウンに繋がります。


◆ 「生技性チェック」の特徴

✔ CADデータの部品内の面間隙間の測定による生技性確認


◆ 「生技性チェック」のイメージ動画

生技性チェックは、加工を行う場合にカッターRを考慮していないモデリングだったり、社内基準より狭い穴やボス形状を抽出します。操作は1クリックで行い計算処理は高速です。計算された結果はグラデーション表示されますので表示状態を変更し分析します。このグラデーション表示を3D PDFに保存可能ですので、保存された3D PDFは、Acrobat Readerで確認できます。

生技性チェック

◆ 「生技性チェック」のインプット情報

生技性チェックは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量のデータを読取り生技性チェックを行います。生技性チェックは、ボディ内のボスやリブ間距離や穴の位置関係で加工上不都合な形状部分を距離によってグラデーション表示します。エンジンのシリンダーブロックは複雑な形状です。そのような複雑な形状の生技性チェックは、問題がない面を半透明や非表示にして内部に隠された問題点を表示する必要があります。3D Analyzerや3D Evolutionの生技性チェックは、問題ない面を半透明や非表示にしたり、または断面カットにより細部に渡り問題点を簡単に検証することが可能です。3D Evolutionは、インターフェイスや3Dデータ検証機能がオプションですが、3D Analyzerは、マルチインターフェイス、マルチ3Dデータ検証のため大幅なコストダウンに繋がります。

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
iCADデータ *.x_t
*.x_b
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ