CADデータの生技性チェック

CADデータの生技性チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータの生技性チェック

CADデータの生技性チェックについて

CADデータの生技性チェックは、製造プロセスの初期段階で非常に重要な役割を果たします。まず、CADデータを用いて金型作成の有効性を評価します。この評価では、デザインが実際の製造プロセスで問題なく金型に適用できるかを確認します。具体的には、製品の形状や寸法が金型加工に適しているかを詳細に検討します。次に、加工に使用可能なカッターの判定を行います。これは、CADデータに基づいて、特定の加工機械やツールで製品を正確に削り出せるかを評価するプロセスです。例えば、カッターの形状やサイズが製品の複雑な部分に対応できるかどうかを確認します。最後に、製品化できるかどうかの判定を行います。これは、製品が設計通りに製造でき、最終製品として市場に出す際に機能や品質に問題がないかを評価する段階です。これにより、CADデータが実際の製造プロセスで使用可能か、そして最終的な製品として適しているかを総合的に判断します。生技性チェックは、これらの評価を通じて製造プロセスの効率化と品質向上を図り、最終的には製品の市場投入を円滑に進めるための重要なステップとなります。

2024年04月

◆ 目的

- 製造工程での問題を事前に発見し、設計段階で修正するため

- 生産可能性を評価し、設計と製造の整合性を確保するため

- 製品開発のコストと時間を削減し、効率を高めるため

2024年04月

◆ 特徴

- 生技性チェックは、設計データの製造可能性を迅速に評価できる点が特徴

- 生技性チェックは、潜在的な製造問題を事前に発見し解決策を提示することが特徴

- 製造プロセスの効率化とコスト削減に寄与する点が特徴

2024年04月

◆ CADデータの入力

インターフェース 拡張子
CTデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
3MFデータ *.3mf
Acisデータ *.sat
*.sab
AMFデータ *.amf
AP242XMLデータ *.stpx
*.stpxZ
AutoCADデータ *.dwg
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.exp
*.dlv
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
CATIA V6データ *.3dxml
COLLADAデータ *.dae
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
Euklidデータ *.edx
FBXデータ *.fbx
glTFデータ *.gltf
*.glb
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asc
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
Medusaデータ *.asc
MicroStationデータ *.dgn
Nastranデータ *.nas
NXデータ *.prt
OBJデータ *.obj
Optimizerデータ *.csb
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
PLMXMLデータ *.xml
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
STEP AP242データ *.step
*.stp
*.stpZ
STLデータ *.stl
VDAデータ *.vda
VisiCADデータ *.wkf
VRMLデータ *.vrml
*.wrl
X3Dデータ *.x3d
*.x3db

2023年11月