同一性検証/GVP・AVP

同一性検証/GVP・AVP

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

同一性検証/GVP・AVP

同一性検証/GVP・AVP

3D_Evolutionや3D_Analyzerの同一性検証機能は、3DデータとSTEP AP242データの変換保証を行います。STEP AP242変換時に3Dデータの情報、例えばフェイスの表面積、曲線の長さなどのGeometry Varidation Property(GVP)、パートの個数や重心位置などのAssembly Varidation Property(AVP)をがSTEP AP242に記録します。同一性検証機能は、変換時に記録された情報とSTEP AP242を測定した情報を比較し閾値を用いて判定します。この同一性検証機能は、長期保存されたSTEP AP242ファイルを使用する場合に、元のCADデータと一致しているのかどうかを調べることが可能な唯一な方法として、国際標準化機構(ISO)が考案し、3D_Evolutionや3D_Analyzerに実装されています。


動画:同一性検証/GVP・AVP



AP242 Reading(入力インターフェイス)

▼ Direct Interface(型番3021)

Interface Information 入力情報
Facet 表示 形状 履歴 位置 PMI 図面
拡張子 *.step
*.stp
*.stpZ
Ver AP242

▼ Direct Interface(型番3111)

Interface Information 入力情報
Facet 表示 形状 履歴 位置 PMI 図面
拡張子 *.stpx
Ver AP242

AP242 Export Interface

▼ Direct Interface(型番3022)

Interface Information 出力情報
Facet 表示 形状 履歴 位置 PMI 図面
拡張子 *.step
*.stp
*.stpZ
Ver AP242

▼ Direct Interface(型番3065)

Interface Information 出力情報
Facet 表示 形状 履歴 位置 PMI 図面
拡張子 *.stpx
Ver AP242

STEP AP242 GVPチェック項目

国際標準化機構(ISO)が定めたSTEP AP242の3Dデータ同一性を定義するバリデーション項目です。誤差(d)の閾値は3段階に分かれています。0<d≦値1は合格、値1<d≦値2は要注意、値2<dはNGです。3D_Evolution/3D_Analyzerの体積・面積・重心計算はCAX-IFにより勧告されたアルゴリズムを採用しています。

▼ 形状

項目 値1 値2 単位
体積 1 10 %
面積 1 10 %
単独サーフェス面積 1 10 %
単独サーフェス重心点 1 5 mm
重心点 1 5 mm
カーブ中心点 1 5 mm
カーブの長さ 1 10 %
COPS 0.01 0.1 %
境界ボックス中心 1 5 mm

▼ アセンブル

項目 値1 値2 単位
アセンブル重心 1 5 %
子数 数が一致しているこ

▼ PMI

項目 値1 値2 単位
折れ線カーブ長さ 1 10 %
折れ線中心点 1 5 mm
関連面積 1 10 %
関連カーブ長さ 1 10 %
メッシュカーブ長さ 1 10 %
メッシュカーブ中心点 1 10 mm
メッシュサーフェス中心点 1 10 mm
メッシュサーフェス面積 1 10 %
ビュー数 数が一致していること
注記数
ビュー毎の注記数
セグメント数
ボクセル数

▼ セマンティック PMI

項目 値1 値2 単位
関連面積 1 10 %
関連カーブ長さ 1 10 %
セマンティックPMI個数 数が一致していること
PMIタイプ別個数
寸法位置
寸法サイズ
トレランス
データフィーチャー
データムターゲット
データ参照の個数
Unicode文字列に相当
参照されるグラフィカルPMI個数

▼ メッシュ

項目 値1 値2 単位
中心点 1 10 %
サーフェス面積 1 10 %
セグメント長さ 1 10 %
ボクセル数 数が一致していること
セグメント数

▼ コンポジット

項目 値1 値2 単位
列の個数 数が一致していること
カットピースの数
層数
マテリアル数
コア数
テーブル数

▼ オプション

項目 内容
プロパティの存在を確認 バリデーションプロパティの存在を確認
自動ヒーリング 保存時の自動ヒーリング実行の許可