PDQチェック/JTデータ整合性検証

PDQチェック/JTデータ整合性検証

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

PDQチェック/JTデータ整合性検証

PDQチェック/JTデータ整合性検証

JTフォーマットは、3Dデータの表示・共有に適したフォーマットとして国際標準化機構(ISO)により国際規格として承認されています。ドイツ自動車産業界(VDA)では、設計データの表示、協調設計、データ互換性の向上を目指す3DAモデルとして積極的に活用されています。このように利便性の高いJTフォーマットを最大限活用するためには、データに対する要求をルール化し、それをデータが満たしているかを検査するツールが必要不可欠です。3D_Evolutionや3D_AnalyzerのJTデータ整合性検証は、JTフォーマットの整合性検査を行います。JTデータ整合性検証は、3DAモデルとしてJTフォーマット流通の信頼性を確保するツールとして、形状、テッセレーション、アセンブリ、属性値等の決められた項目を検証します。


JTデータ整合性検証の用途

  • BrepやLODの図形要素の存在を確認
  • データに必要な属性値の確認

Function Table of Contents


動画:PDQチェック/JTデータ整合性検証



JT Import

▼JT Reading

Interface Information 入力情報
ボク
セル
表示 形状 履歴 位置 PMI 図面
Ext *.jt
Ver 6.4-10.2

▼ PLMXML Reading

Interface Information 入力情報
ボク
セル
表示 形状 履歴 位置 PMI 図面
Ext *.xml
Ver

検証項目

▼ 形状検証項目

Brepタイプ
モデル内のBrepタイプ
パーツ毎に最低1つのXT-Body
最低1つのソリッド
等軸位置マトリックス

▼ メッシュ検証項目

角度値が存在
角度値が有効
弦値が存在
弦値が有効
弦値が有効
LODの最小個数

▼ PLMXML検証項目

コンポーネントパスが存在

▼ 属性検証項目

透明度
拡散反射度
JTファイルバージョンが有効
モデル名がMBN10059に適合
追加属性が存在し有効
特殊文字が存在しない
モデルタイプが存在
コンポーネント単位が一貫
必要な属性が存在し有効
マスターデータが存在し有効
CAD属性が有効
JTバージョンが存在し有効
CAD MASS UNITが存在
CAD MASS UNITが有効
JTマスターデータが存在
JTマスターデータが有効
レビジョンテキストと注記が存在
レビジョンテキストと注記が有効
欠落モニカ
重複モニカ