CADデータの干渉距離計算

CADデータの干渉距離計算

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータの干渉距離計算

CADデータの干渉距離計算について

3D Evolutionおよび3D Analyzerを使用することで、マルチCADデータの干渉距離計算が可能です。まず、バイナリー解析を行い、干渉チェックによって検出された二部品間の干渉距離を正確に計算します。これには最大干渉距離とその方向の計算が含まれます。3D Analyzerでは、計算結果をグラフィック表示することができ、視覚的に干渉部分を確認することが可能です。さらに、結果はPDFやHTML形式で出力できるため、ドキュメントとして保存・共有することが容易です。これにより、設計工程における問題点の早期発見と修正が迅速に行え、効率的な製品開発が可能となります。3D Evolutionの高度な機能と3D Analyzerの直感的なインターフェースを組み合わせることで、マルチCAD環境でも正確かつ迅速に干渉チェックと干渉距離計算が実行でき、設計品質の向上に大いに貢献します。これらのツールを使用することで、設計者は干渉問題を効率的に管理し、最終製品の品質と信頼性を確保することができます。

2024年03月

◆ 目的

- 設計段階で干渉を検出し、製品の適合性を確保するため

- 製造過程での問題を予防し、コスト削減を実現するため

- 設計の整合性を高め、品質の高い製品を提供するため

2024年04月

◆ 特徴

- 複数のCADモデル間の干渉を自動検出し、視覚的に表示する機能が特徴

- 干渉領域の詳細情報を提供し、設計の修正箇所を迅速に特定できるのが特徴

- 干渉距離の測定精度が高く、ミリメートル単位での詳細な解析が可能なのが特徴

2024年04月

◆ CADデータの入力

インターフェース 拡張子
CADデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
3MFデータ *.3mf
Acisデータ *.sat
*.sab
AMFデータ *.amf
AP242XMLデータ *.stpx
*.stpxZ
AutoCADデータ *.dwg
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.dlv
*.exp
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
FBXデータ *.fbx
glTFデータ *.gltf
*.glb
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asc
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
MicroStationデータ *.dgn
NXデータ *.prt
PLMXMLデータ *.xml
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
RobCADデータ *.rf
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
STEP AP242データ *.step
*.stp
*.stpZ
VRMLデータ *.vrml
*.wrl
X3Dデータ *.x3d
*.x3db

2023年11月