CADデータの投影チェック

CADデータの投影チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータの投影チェック

CADデータの投影チェックについて

CADデータの投影チェックは、製造業において重要な工程であり、3D Evolutionや3D Analyzerを使用することで効率的に実施できます。これらのツールは、マルチCADデータを対象としており、バイナリ解析を通じてデータの正確な投影を実現します。特に、アセンブル形式やパート形式のデータに対応しており、複雑なCAD構造でも高い精度で解析が可能です。3D Evolutionは、投影面を任意のCADデータに変換する機能を持ち、さまざまなCADソフトウェア間での互換性を確保します。これにより、異なるCADシステムを使用している場合でも、一貫した投影チェックが可能となります。また、演算は非常に高速で、大量のデータでも短時間で処理を完了します。解析結果はPDFやHTML形式で出力されるため、簡単に共有および確認が可能です。さらに、PLラインの計算も可能であり、製品ライフサイクル全体にわたるデータ管理が効率化されます。これらの機能を活用することで、製造プロセスの精度と効率が向上し、品質の高い製品を迅速に市場に投入することができます。

2024年04月

◆ 目的

- 設計図の精度を確認し、製造ミスを防止するため

- 部品の組み合わせや干渉を検証し、設計の最適化を図るため

- 視覚的な確認で設計意図を正確に伝達するため

2024年04月

◆ 特徴

- CADデータの投影チェックは、効率的な視覚検査が特徴

- CADデータの投影チェックは、エラーの迅速な検出が特徴

- CADデータの投影チェックは、精度の高い寸法確認が特徴

2024年04月

◆ CADデータの入力

インターフェース 拡張子
CTデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
3MFデータ *.3mf
Acisデータ *.sat
*.sab
AMFデータ *.amf
AP242XMLデータ *.stpx
*.stpxZ
AutoCADデータ *.dwg
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.exp
*.dlv
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
CATIA V6データ *.3dxml
COLLADAデータ *.dae
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
Euklidデータ *.edx
FBXデータ *.fbx
glTFデータ *.gltf
*.glb
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asc
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
Medusaデータ *.asc
MictoStationデータ *.dgn
Nastranデータ *.nas
NXデータ *.prt
OBJデータ *.obj
Optimizerデータ *.csb
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
PLMXMLデータ *.xml
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
STEP AP242データ *.step
*.stp
*.stpZ
STLデータ *.stl
VDAデータ *.vda
VisiCADデータ *.wkf
VRMLデータ *.vrml
*.wrl
X3Dデータ *.x3d
*.x3db

2023年10月