肉厚チェック

肉厚チェック

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

肉厚チェック

肉厚チェックとは

肉厚チェックは、3Dデータの肉厚を検証する機能です。3Dデータの肉厚評価は難しく、3パータンの検証アルゴリズにより評価します。1番目の検証パターンは、面直方向の肉厚測定ですが、リブの付け根のように測定方向に理想的面が存在するとは限りません。理想的面が存在しない場合は、面直ではなく任意に指定された角度方向で当たり面を検索して解を求めます。2番目の検証パターンは、接球の挿入計算で肉厚を求める方法です。この計算方法は、リブの付け根等の複雑な肉厚測定には向いていますが、形状的に角がある場合に小さな球が挿入され理想とする解が得られません。従って3Dデータに対して2つ検証パターンでで計算を行い、結果はカラーMAPで面直や接球を切り替えて結果を確認します。3番目の検証パターンですが、肉厚変化を検証します。肉厚変化は、面直計算と接球挿入計算を融合させ適切な解を元に肉厚変化計算を行います。肉厚変化は、材料の流れなど生技性要件、製品の均一性などを検討する上で重要な検証方法です。肉厚チェックは、Brep、STLなどのファセットデータの検証が可能です。ソリッドのような閉じた空間、シェルのような開いた空間でも計算が可能です。カラーマップのスケールを調整することで肉厚の表示範囲を指定したり、断面カットでピックした位置の肉厚計算状態をグラフィカルに表示します。これら肉厚チェックの計算結果は、CTフォーマット保存またはPDFフォーマット保存することで情報の共有化が可能です。この肉厚チェックは、3D Evolution、3D Analyzerの共通機能です。

肉厚チェック

肉厚チェックの特徴

● 肉厚チェックの計算モードは、面直、接球、偏肉があります。
● ピック点での肉厚値表示、テキスト保持が可能です。
● 特定範囲の肉厚を表示可能です。
● PDF Analysisフォーマットに保存できます。
● Webベース、コマンドベース実行が可能です。