システム要件

システム要件

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

システム要件

システム要件について

3D Analyzerを使用するためには、Microsoft Visual C++ Redistributable(VC Redist)パッケージのインストールが必須です。このパッケージは、C++で開発されたアプリケーションの実行に必要なランタイムコンポーネントを含んでいるため、特に重要です。

3D Analyzerをインストールする際に、システムに適切なVC Redistパッケージが存在しない場合や、インストールされているバージョンが不適切である場合には、インストールプロセス中に警告が表示されます。この警告に従い、ユーザーはMicrosoftのウェブサイトから指定されたバージョンのVC Redistパッケージをダウンロードし、インストールする必要があります。

VC Redistパッケージの適切なインストールは、3D Analyzerの正常な動作を保証し、ソフトウェアの安定性とパフォーマンスを維持する上で極めて重要です。インストールと使用前に、必要なバージョンのVC Redistパッケージが正しくインストールされていることを確認することが推奨されます。これにより、ソフトウェアが最適に機能し、ユーザーは高品質な解析結果を得ることができます。

3D Analyzerは、製造業界に革命をもたらすマルチCAD分析ツールです。ISOが提供するアルゴリズムを基に構築されており、ユーザーは異なるCADデータを直接表示し、表面積や体積などの基本情報を即座に計測できます。このソフトウェアによるデータ互換性の向上は、業務効率を大幅に高めます。

プロフェッショナルライセンスでは、「CADデータの抜き勾配チェック」、「CADデータの曲率チェック」、「CADデータの干渉チェック」、「CADデータの比較チェック」などの高度な検証機能にアクセスできます。これにより、設計誤りの未然防止やプロセスの効率・品質向上に貢献します。

「CADデータの抜き勾配チェック」機能は、製造工程での成形性を確認し、設計が適切な角度を持っているかを評価します。「CADデータの曲率チェック」機能は、表面の滑らかさと連続性を確認し、設計の美観や機能性を保証します。「CADデータの干渉チェック」機能は、アセンブリ内の部品間の干渉を検出し、製造プロセス中の問題を未然に防ぎます。

「CADデータの比較チェック」機能は、異なるバージョンのCADモデル間の差異を特定し、設計変更の影響を評価します。これにより、設計プロセスが効率化され、エラーのリスクが減少します。

3D Analyzerは、製造業における設計と製造プロセスを大幅に改善するための強力なツールです。データの互換性と精度を高めることで、業務効率を向上させ、製品の品質と信頼性を確保します。このツールの活用により、企業は設計ミスを減らし、迅速な意思決定を支援し、競争力を強化することができます。

2024年03月

◆ メモリーについて(推奨は8GB以上)

3D Analyzerは、バイナリ解析を利用して3Dデータを効率良く読み込むソフトウェアであり、特に大量の3Dデータを扱う際にメモリ使用量を最小限に抑えることができます。例えば、大型トラックの3DXMLフォーマットデータや一般的な自動車の3Dデータを、それぞれ16GB、32GBのメモリで処理することが可能です。このメモリ効率の良さは、大規模な3Dモデリングプロジェクトや複雑な製品設計において、システムのパフォーマンスを維持しつつ作業効率を向上させる上で非常に重要です。

8GB以上のメモリを搭載したシステムでは、日常の3D作業にも対応可能ですが、より大きなデータセットや複雑なプロジェクトには16GBや32GBのメモリが推奨されます。これにより、「3D Analyzer」は、製品設計、エンジニアリング、建築、アニメーションなど、多岐にわたる分野での利用に適しており、メモリ使用の効率化はコスト削減、システムの安定性向上、作業の迅速化に寄与します。

3D Analyzerを用いることで、エンジニアやデザイナーは高度な3Dデータの解析と処理を効率的に行うことができ、プロジェクト全体の生産性を向上させることができます。このソフトウェアは、3Dデータを扱う多くの業界において、コスト削減と品質向上を実現するための強力なツールとして活用されています。

2024年03月

◆ GPU推奨スペックの概要

3D Analyzerソフトウェアは、3Dモデリングとビジュアライゼーションを効率的に行うための高度なグラフィック処理能力を必要とするツールです。このソフトウェアは、Vertex Buffer Object(VBO)を利用して3Dデータの描画を高速化し、高度なグラフィックス機能を提供するOpenGL 4.0以上に対応したグラフィックス処理ユニット(GPU)が必須です。特に、2010年以前に製造されたGPUやインテル製のオンボードGPUは推奨されません。

サーバー環境では、高性能なプロフェッショナルグレードのGPUは不要ですが、最低でも1GBのビデオRAM(VRAM)を搭載したGPUが必要です。また、デュアルグラフィックカードシステムは推奨されず、シングルGPUシステムが安定したパフォーマンスを提供します。これらのハードウェア要件を満たすことで、「3D Analyzer」の全機能を活用し、効率的な3Dモデリングとビジュアライゼーションを実現することが可能になります。

ユーザーは、これらの要件を考慮してシステムの選定やアップグレードを検討することが推奨されます。適切なハードウェアを選ぶことで、3D Analyzerを最大限に活用し、複雑な3Dデータの解析と視覚化を効率的に行うことができます。これにより、製品設計やエンジニアリング、建築、アニメーションなどの多様な分野での作業効率と品質の向上が期待されます。

2024年03月

◆ メーカーごとの推奨スペック

● NVIDIA
 GeForce GT 540以上
 GeForce GTX 460以上
 Quadro 600以上

● AMD(ATI)
 ATI Radeon HD 5600以上
 AMD FirePro V7900雨情
 AMD Radeon RX 480以上

● Intel
 非推奨

2024年01月