システム要件

システム要件

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

システム要件

システム要件について

3D Evolutionを正常に動作させるためには、Microsoft Visual C++ Redistributable(VC Redist)パッケージのインストールが必須です。このパッケージには、C++で開発された多くのアプリケーションが必要とするランタイムコンポーネントが含まれており、特に3D Evolutionのようなソフトウェアには不可欠です。インストールプロセス中に、適切なバージョンのVC Redistパッケージがシステムにないことが判明した場合、警告メッセージが表示され、ユーザーにインストールが促されます。このインストールは、自動的に、あるいはユーザーがMicrosoftのウェブサイトから手動で行う必要があります。適切なVC Redistパッケージのインストールは、3D Evolutionの安定性と性能を確保する上で重要であり、適切なバージョンがなければソフトウェアは正しく動作しない可能性があります。そのため、インストールと使用前にパッケージの確認とインストールが推奨されます。

3D Evolutionは、高度な「DXエンジン」を備え、CADデータを迅速かつ正確に解析する能力を持っています。この技術は、ISOや航空宇宙団体(LOTARを含む)、自動車工業会(VDAを含む)から高い評価を得ており、バイナリ解析技術に支えられています。この信頼性は、CAMやCAEソフトウェアへの供給やISOの製品ライフサイクル法(PL法)に関わる実績によって示されています。特に、航空宇宙や自動車産業でのCADデータの標準化や設計精度の維持に焦点を当て、これを実現しています。また、ISOのCADデータ品質基準にも対応しており、欧州や中国の多くの企業で採用されています。さらに、形状単純化機能により、工数削減やコスト削減が期待されています。ヨーロッパの製造業では、CADデータ変換を通じてエンジニアリングチェーンの課題を解決し、日本の「2025年の壁」や「働き方改革」にも示唆を与えています。そして、3D Evolutionは過去のCADデータもサポートし、古い形式のデータでも機能を最大限に活用できます。

3D Analyzerは、CADデータを迅速かつ精確に解析するための先進的な3D CADチェックソフトウェアです。このソフトウェアは、航空宇宙や自動車産業でのCADデータ検証に特化しており、CAMやCAEソフトウェアへの応用も可能です。開発には、ISOやLOTARといった権威ある組織や、エアバス、ボーイングといった大手企業が参画しています。また、3D AnalyzerはISOのPL法に関する長期保存の信頼性も保証し、CADデータの品質検証規格「10303-59」や同等性検証「10303-62」に対応しているため、国際的に広く使用されています。このツールは、レガシーデータを含む様々な3Dデータに対応し、手軽な価格設定で、迅速な検査を可能にすることが特長です。

現代の製造業界では、製品の効率的な設計から出荷までのプロセスが極めて重要になっています。このプロセスの中心に「梱包設計(Boundary shape)」技術があります。この技術は、製品の3Dモデルを簡略化されたソリッド形状に変換し、製品が占める物理的な空間を計算することで、最適な梱包設計を迅速に行うことを可能にします。梱包空間計算技術の導入により、設計の初期段階から梱包に関する検討が可能になり、設計変更へ迅速に対応できるようになるため、生産プロセス全体の時間とコストの大幅な削減が実現できます。これは、競争が激化する製造業界において、企業が市場での優位性を保つために不可欠な要素となっています。

2024年03月

◆ メモリーについて(推奨は8GB以上)

3D Evolutionは、バイナリ解析を駆使して3Dデータを効率的に読み込むためのソフトウェアです。この手法により、膨大な量の3Dデータを処理する際のメモリ使用量を最小限に抑えることが可能となります。例えば、大型トラックの3Dデータを16GBのメモリで処理でき、一般的な自動車のデータであれば32GBのメモリで対応可能です。このメモリ効率の良さは、大規模な3Dモデリングプロジェクトや複雑な製品設計において、システムパフォーマンスを維持しつつ作業効率を向上させる上で重要です。

3D Evolutionは、8GB以上のメモリを搭載したシステムであれば日常作業に十分活用できますが、より大きなデータセットや複雑なプロジェクトには16GBや32GBのメモリが推奨されます。これにより、製品設計、エンジニアリング、建築、アニメーションなど、3Dモデリングを必要とする様々な分野での利用に適しています。メモリ使用の効率化は、コスト削減、システムの安定性向上、作業の迅速化に寄与します。

特に、3Dモデリングや設計においては、大量のデータ処理が必要となり、高いメモリ効率が求められます。メモリ効率の良さは、プロジェクトの規模に関係なく安定した動作を保証し、複雑なモデルを扱う際のストレスを軽減します。これにより、エンジニアやデザイナーは、よりクリエイティブで効率的な作業環境を享受できます。

3D Evolutionは、製品設計やエンジニアリングプロセスをスムーズに進行させるための強力なツールです。高度なバイナリ解析技術を活用することで、システムリソースを最大限に活用し、高精度なモデルを迅速に処理できます。これにより、設計から製造までのプロセス全体が効率化され、プロジェクトの成功に貢献します。

2024年03月

◆ GPU推奨スペックの概要

3D Evolutionソフトウェアは、3Dモデリングとビジュアライゼーションを効率的に行うために、Vertex Buffer Object(VBO)を活用して高度なグラフィック処理能力を必要とします。このソフトウェアを最大限に活用するには、OpenGL 4.0以上に対応したグラフィックス処理ユニット(GPU)が必須です。特に、2010年以前に製造されたGPUやインテル製の組み込み型グラフィックチップセットは推奨されません。

サーバー環境では、高性能なプロフェッショナルグレードのGPUは不要ですが、最低でも1GBのビデオRAM(VRAM)を搭載したGPUが必要です。デュアルグラフィックカードシステムよりもシングルGPUシステムが安定したパフォーマンスを提供します。適切なハードウェアの選択は、「3D Evolution」をフルに活用し、効率的な3D作業を実現するために重要です。

適切なGPUの選定により、3D Evolutionはその高度なグラフィック処理能力を最大限に発揮し、高精度な3Dモデリングやビジュアライゼーションが可能となります。これにより、設計やエンジニアリングプロセスの効率が大幅に向上し、プロジェクトの成功に寄与します。

2024年03月

◆ メーカーごとの推奨スペック

● NVIDIA
 GeForce GT 540以上
 GeForce GTX 460以上
 Quadro 600以上

● AMD(ATI)
 ATI Radeon HD 5600以上
 AMD FirePro V7900以上
 AMD Radeon RX 480以上

● Intel
 非推奨

2024年01月

◆ サーバー向け推奨スペックの概要

リモートデスクトップ接続(RDP)を使用して高度な3Dアプリケーションを運用する場合、特定のシステム要件が必要です。これには、Windows 10以上のオペレーティングシステム(OS)を搭載したサーバーと、適切なグラフィックス処理ユニット(GPU)の選定が含まれます。Windows 10はリモートデスクトップのグラフィック処理とデータ転送を効率化する最適化が施されており、3Dアプリケーションに必要な複雑なグラフィック処理に対応するため、特定のGPU仕様が求められます。これにはOpenGL 4.0以上に対応し、1GB以上のVRAMを搭載したGPUが必要であり、NVIDIAのQuadroシリーズやGeForce GT640以上、またはAMD(ATI)製GPUが推奨されます。古いGPUや一部の組み込み型インテルグラフィックカードでは要件を満たさないことがあるため注意が必要です。また、デュアルグラフィックカードやマルチGPUシステムは特定のアプリケーションで推奨されない場合があります。これらの要件を満たすことで、3Dアプリケーションの安定したパフォーマンスと効率的な運用が実現します。

● NVIDIA series Pro(Quadro)
● NVIDIA public series (ドライバ440以上に対応している必要があります。) ≧GeForceGT640
● AMD(ATI)

これらの条件が満たされない場合には、ディスプレイ表示に不具合が発生する可能性がございます。

2024年03月