3D ビューワ

3D ビューワ

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

3D ビューワ

3D ビューワについて

◆ 概要

3D ビューワは、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータ(インプット情報)を高速かつ正確に読込み表示、計測、検証が可能です。読み取る情報は、アセンブル、形状(B-Repやファセット‥)、PMI、CADフィーチャー情報です。PMI情報の表示可能なフォーマットは、CATIA V5、NX、Creo、JT、STEP AP242、3DXMLです。CADフィーチャー情報の表示可能なフォーマットは、CATIA V5、NX、Creo、Proe、SolidWorksです。この3D ビューワは、製造業に必要な様々な検証機能を実行できます。製造業に必要な検証機能とは、PDQチェック、3Dデータの形状比較、ドラフトチェックなどです。製造業のコストを半減させる3D図面では、3Dデータが設計変更された場合、新旧データを形状比較することにより、設計変更部位が明確になることで安心して作業ができます。また3D図面変換においては、変換元のCADデータと変換先の3D図面データを比較して変換保証を得られます。設計CADでは開くことができない大容量かつ様ざまなフォーマットを1Windowに表示して検証することが可能なため、いままで確認できない情報の確認が行なうことにより品質向上効果があります。3Dデータでの情報やりとりが主流になった場合は、スピードと精度は、製造のコストに直結します。この3D ビューワの開発意図は、航空宇宙産業の長期保存期間が55年と決定したため、その長期保存期間に耐えられるようにCADインターフェイスをバイナリー解析技術で対応し、3Dデータの閲覧を可能にすることおよび、3D図面時代の3D ビューワに対応することです。3D Analyzerは、マルチインターフェイス、マルチ3Dデータ検証のため大幅なコストダウンに繋がります。これがインダストリー4.0の標準ビューワです。


◆ 保存機能

プロフェッシオナルライセンスでは、読み取った形状情報、寸法情報、注記情報、PMI情報は、ネイティブフォーマットであるCTフォーマット、JTフォー^マット、3D PDFフォーマットに保存することができます。各フォーマットの保存情報は以下のようになります。

   B-Rep情報  表示情報  PMI情報  寸法・注記
 CTフォーマット        
 JTフォーマット  ×      
 3D PDF  ×      

◆ 「3D ビューワ」の特徴

✔ 高度なバイナリー解析で大容量マルチ3Dデータを高速表示

3D ビューワ

◆ 「3D ビューワ」のビデオ

3D図面は、3Dデータの活用を意味します。その時に3D図面データを手軽に扱う必要があります。例えば頂いた3Dデータの寸法を測定したり、設変された場所をどこなのか?3D図面の品質は問題ないか?などです。3D図面は、2つの標準があり1つはフォーマット、もう1つはトレランスです。ドイツ自動車工業会(VDA)は、フォーマットは、JTフォーマット、トレランスは0.02mmと決まっています。トレランスは、PDQチェックで調べますが、アルゴリズムも決まっていて国際標準化機構(ISO)から長期保存運用をするため提供されています。これで3D図面を流通する準備が整ったわけです。あとは各社で3D図面を受け取り、設変チェック、PDQチェックを行ったあとは、自社のシステムへ3Dデータを変換する必要があります。その時にも3Dデータ比較で変換元データと変換先データの比較を行う必要があります。変換ソフトは、欧州の3D図面は、ISOの信頼性が高い3D Evolutionを使用しています。3D Analyzerで様々な3Dデータを検証をノンCADユーザでも対応可能にするため1クリックで検証を行い表示することができます。また検証結果は3D PDFに保存することで共有化がはかれます。この3D Analyzerは、ISOかあも高い評価を受けているバイナリー解析技術で行っています。このバイナリー解析技術のお陰により、航空宇宙団体(LOTAR)は、CADデータの長期保存年数を55年に設定しています。またバイナリー解析技術を使用することでCATIA V4、I-Deas、CADDSなどのレガシーデータを直接読み取ることが可能です。



◆ 「3D ビューワ」のインプット情報

3D ビューワは、バイナリー解析技術によりダイレクトに大容量3Dデータを読取り表示、検証が可能です。読みとられた3Dデータに対して寸法測定、表面積、体積計算、重心測定、検証機能としてドラフトチェック、生技性チェック、新旧データの3Dデータの形状比較、PDQチェックなどを高速に行い、製造工程における図面レスを実現している3D ビューワです。なぜバイナリー解析技術を利用するのかと言いますと、CADには寿命があり寿命が切れたCADデータは読めなくなります。バイナリー解析技術では、3Dデータさえあれば読める技術のため、航空宇宙団体(LOTAR)のように50年以上の3Dデータ保存求められた場合に対応できます。バイナリー解析技術は、3Dデータを高速に大容量読み取ることが、長期間に渡り実現可能です。

✔ 3D Analyzerは、標準で以下のデータを正確・高速に表示

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
3MFデータ *.3mf
Acisデータ *.sat
*.sab
AMFデータ *.amf
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.exp
*.dlv
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
DGNデータ *.dgn
DWGデータ *.dwg
FBXデータ *.fbx
glTFデータ *.gltf
*.glb
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asc
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ
STLデータ *.stl
VDA-FSデータ *.vda
VRMLデータ *.vrml
*.wrl
X3Dデータ *.x3d
*.x3db

◆ 表示情報について

表示機能 機能詳細
ツリー表示エリア ● プロダクトツリー
● アノテーションツリー
● フィーチャーツリー
形状表示エリア ● B-Rep表示
● ファセットデータ
● PMI
標準表示状態 ● エッジ付きシェーディング
● エッジなしシェーディング
● ワイヤーフレーム表示
● 陰線処理表示
● マテリアル適用シェーディング
フィルターリング ● PMI(画面とPMI平面の角度で自動)
● フリーエッジの表示・非表示
● 座標軸の表示・非表示
● 曲線の表示・非表示
● コメントの表示・非表示
● 穴がある部位の表示
●トポロジー誤差がある部位の表示
その他 ● 断面カット
● 任意ビュー保存・表示
● 面直表示

◆ 注記情報について

注記機能 機能詳細
寸法作成 ● 座標値寸法作成
● 距離寸法作成
● 角度寸法作成
● 円寸法作成
● 周長寸法作成
● 円中心寸法作成
● 表面積値作成
● 体積値作成
注釈作成 ● 文字列表記作成
バンダリーボックス ● 形状の最外形ボックス寸法作成