マルチ 3Dビューワ

マルチ 3Dビューワ

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

マルチ 3Dビューワ

マルチ 3Dビューワについて

◆ 概要

「3Dビューワ」は、国際標準化機構(ISO)、航空宇宙団体(LOTAR)、ドイツ自動車工業会(VDA)など国際的に評価が高いバイナリー解析技術により、ダイレクトに大容量3Dデータ(インプット情報)を高速かつ正確に読込み表示、計測、検証が可能です。読み取る情報は、アセンブリ情報、形状情報(B-Repやファセット‥)、PMI、CADフィーチャー情報です。PMIの表示可能なフォーマットは、I-Deas、CATIA V5、CATIA V6、NX、Creo、JT、STEP AP242、3DXMLです。CADフィーチャー情報の表示可能なフォーマットは、I-Deas、CATIA V4、CATIA V5、CATIA V6、NX、Creo、Proe、SolidWorks、3DXMLです。この3Dビューワは、製造業に必要な様々な検証機能を実行できます。製造業に必要な検証機能とは、「PDQチェック」、「3Dデータ比較」、「ドラフトチェック」、「生技性チェック」などです。製造業のコストを半減させた3D図面では、3Dデータが設計変更された場合、新旧データを形状比較することにより、設計変更部位が明確になることで安心して作業ができます。日本は、「PDQチェック」の考え方が普及していませんが、この「3Dビューワ」は、ISOの定めた3Dデータ品質基準(10303-59 PDQ-S)の検査が瞬間に実行し「3Dデータ変換」のトラブルを検証することができます。つまり「PDQチェック」は、国際標準データか否かを検証します。この「3Dビューワ」は、3D図面の標準「3Dビューワ」です。


◆ 保存機能

プロフェッシオナルライセンスでは、読み取った形状情報、寸法情報、注記情報、PMI情報は、ネイティブフォーマットであるCTフォーマット、JTフォー^マット、3D PDFフォーマットに保存することができます。各フォーマットの保存情報は以下のようになります。

   B-Rep情報  表示情報  PMI情報  寸法・注記
 CTフォーマット        
 JTフォーマット  ×      
 3D PDF  ×      

◆ 「マルチ 3Dビューワ」の特徴

✔ 3D図面対応の国際標準ビューワ


◆ 「3Dビューワ」の評価モジュール


◆ 「3Dビューワ」のビデオ

3D図面は、3Dデータの活用を意味します。その時に3D図面データを手軽に扱う必要があります。例えば頂いた3Dデータの寸法を測定したり、設変された場所をどこなのか?3D図面の品質は問題ないか?などです。3D図面は、2つの標準があり1つはフォーマット、もう1つはトレランスです。ドイツ自動車工業会(VDA)は、フォーマットは、JTフォーマット、トレランスは0.02mmと決まっています。トレランスは、「PDQチェック」で調べますが、アルゴリズムも決まっていて国際標準化機構(ISO)から長期保存運用をするため提供されています。これで3D図面を流通する準備が整ったわけです。あとは各社で3D図面を受け取り、「PDQチェック」を行ったあとは、自社のシステムへ3Dデータを変換する必要があります。その時にも「3Dデータ比較」で変換元データと変換先データの比較を行う必要があります。変換ソフトは、欧州の3D図面は、ISOの信頼性が高い「3D Evolution」を使用しています。「3D Analyzer」で様々な「3Dデータ検証」をノンCADユーザでも対応可能にするため1クリックで検証を行い表示することができます。また検証結果は3D PDFに保存することで共有化がはかれます。この「3D Analyzer」は、ISOかあも高い評価を受けているバイナリー解析技術で行っています。このバイナリー解析技術のお陰により、航空宇宙団体(LOTAR)は、CADデータの長期保存年数を55年に設定しています。またバイナリー解析技術を使用することでCATIA V4、I-Deas、CADDSなどのレガシーデータを直接読み取ることが可能です。要するにレガシーCADデータを部品表として使用しています。



◆ 「3Dビューワ」のインプット情報

✔ 「3D Analyzer」は、標準で以下のデータをサポート

インプットデータ 拡張子
3DXMLデータ *.3dxml
3MFデータ *.3mf
Acisデータ *.sat
*.sab
AMFデータ *.amf
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.exp
*.dlv
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
*.cgr
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
DGNデータ *.dgn
3D DWGデータ *.dwg
FBXデータ *.fbx
glTFデータ *.gltf
*.glb
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asc
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
NXデータ *.prt
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
*.stpx
*.stpZ
STLデータ *.stl
VDAデータ *.vda
VRMLデータ *.vrml
*.wrl
X3Dデータ *.x3d
*.x3db

◆ 表示情報について

表示機能 機能詳細
ツリー表示エリア ● プロダクトツリー
● アノテーションツリー
● フィーチャーツリー
形状表示エリア ● B-Rep表示
● ファセットデータ
● PMI
標準表示状態 ● エッジ付きシェーディング
● エッジなしシェーディング
● ワイヤーフレーム表示
● 陰線処理表示
● マテリアル適用シェーディング
フィルターリング ● PMI(画面とPMI平面の角度で自動)
● フリーエッジの表示・非表示
● 座標軸の表示・非表示
● 曲線の表示・非表示
● コメントの表示・非表示
● 穴がある部位の表示
●トポロジー誤差がある部位の表示
その他 ● 断面カット
● 任意ビュー保存・表示
● 面直表示

◆ 注記情報について

注記機能 機能詳細
寸法作成 ● 座標値寸法作成
● 距離寸法作成
● 角度寸法作成
● 円寸法作成
● 周長寸法作成
● 円中心寸法作成
● 表面積値作成
● 体積値作成
注釈作成 ● 文字列表記作成
バンダリーボックス ● 形状の最外形ボックス寸法作成