CADデータの品質適正化(PDQ-S)

CADデータの品質適正化(PDQ-S)

TEL.03-6853-6659

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

CADデータの品質適正化(PDQ-S)

CADデータの品質適正化(PDQ-S)について

CADデータの適正化は、製造業における設計プロセスの精度と効率を高めるための重要な手法です。このプロセスは、CADデータが適切に管理され、エラーや不正要素が最小限に抑えられるようにするための一連のステップを含みます。バイナリー解析を利用してCADデータを高速に読み込むことで、複雑な設計データの処理が迅速かつ正確に行われ、設計者の作業効率が大幅に向上します。

PDQ-S(Product Data Quality-Standard)基準に基づく品質検証は、CADデータの適正化において不可欠な要素です。PDQ-S基準は、データの一貫性、正確性、完全性を保証するための指標を提供します。これにより、設計データが正確かつ信頼性の高い状態で保持され、製品開発プロセス全体における品質が向上します。PDQ-Sに準拠したツールを使用することで、CADデータのエラーや不整合を効率的に検出し、修正することが可能となります。

さらに、CADデータの適正化は、異なるCADシステム間でのデータ互換性を確保するためにも重要です。異なるシステム間でのデータ交換が容易になることで、設計から製造、検査に至るまでのプロセスがスムーズに進行します。これにより、設計ミスのリスクが減少し、製品の品質が向上します。また、適正化されたデータは、将来的な設計変更や製品の改良においても容易に利用することができ、製品のライフサイクル全体にわたるデータ管理が効率化されます。

このように、バイナリー解析による高速なデータ読み込みとPDQ-S基準に基づく品質検証を組み合わせることで、CADデータの適正化は製造業における設計プロセスの品質と効率を大幅に向上させることができます。

2024年04月

◆ 目的

- 設計ミスを防ぎ、製品品質を向上させるため

- 一貫したデータ管理で製造精度を高めるため

- 標準化によりコスト削減と作業効率化を実現するため

2024年06月

◆ 特徴

- CADデータの品質適正化は、エラー検出と修正の自動化が特徴

- 高精度なデータフィルタリングと整理が行われるのが特徴

- データ互換性の向上と標準化により、作業効率が向上するのが特徴

2024年01月

◆ CADデータの入力

インターフェース 拡張子
CTデータ *.ct
*.cta
*.ctp
3DEXPERIENCEデータ *.3dxml
Acisデータ *.sat
*.sab
AP242XMLデータ *.stpx
*.stpxZ
AutoCADデータ *.dwg
CADDSデータ _pd
_ps
CATIA V4データ *.model
*.dlv
*.exp
*.session
CATIA V5データ *.CATProduct
*.CATPart
CATIA V6データ *.3dxml
Creoデータ *.asm
*.prt
*.xas
*.xpr
*.neu
Euklidデータ *.edx
FBXデータ *.fbx
iCADデータ *.x_t
*.x_b
I-Deasデータ *.arc
*.unv
*.asc
IFCデータ *.ifc
IGESデータ *.iges
*.igs
Inventorデータ *.iam
*.ipt
JTデータ *.jt
MicroStationデータ *.dgn
NXデータ *.prt
Optimizerデータ *.csb
PLMXMLデータ *.xml
Rhinocerosデータ *.3dm
RobCADデータ *.rf
Parasolidデータ *.x_t
*.x_b
*.xmt_txt
Solid Edgeデータ *.par
*.asm
*.psm
SolidWorksデータ *.sldasm
*.sldprt
*.asm
*.prt
STEPデータ *.step
*.stp
STEP AP242データ *.step
*.stp
*.stpZ
VDAデータ *.vda
VisiCADデータ *.wkf

2023年10月